先日の動画への突っ込みの苦情か?LENDEXから唐突にハガキが届き一瞬ビビる。

先日、LENDEXの新代表者「深澤克己」氏の動画に色々と突っ込ませて頂きました。

LENDEXの新代表者の挨拶動画に突っ込む
本日、東急リバブルとの業務提携が光るから「新代表者の挨拶」の動画が公開されました。 唐突な動画公開にも思われますが、では今年の3月1日に代表者が一度交代し、その後わずか4か月後の7月1日に再度交代があったことで、投資家の方々に改めて安...

その節は社長が動画撮影に慣れていない点を愛をもって弄ったつもりで、寧ろその不器用さが投資家の方々との距離感を縮めてくれるのでは・・・と思っていました。

ところが本日、LENDEXから私個人宛に突然葉書が届いたため、すわ「苦情か?」と一瞬ビビってしまいましたがもちろんそんなことも無く、単純に「代表者変更および会社移転のお知らせ」を伝える葉書でしたので、ひとまずホッと安心することが出来ました。

葉書の内容

わざわざご丁寧に葉書を頂きましたので、その内容を今回も突っ込みながらご紹介したいと思います。

代表者変更および会社移転のお知らせ

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます

さて この度、令和元年7月1日をもちまして、下記の通り弊社代表者変更を行いましたのでご案内申し上げます。

まさお
まさお

おぉ・・・至って丁寧な文頭で突っ込みにくい・・・

代表者の変更

【新代表者】代表取締役社長 深澤 克己(ふかさわ かつみ)

<略歴>1968年生まれ。

東京大学教養学部基礎科学第2(システム基礎科学)卒業

1992年4月 第一勧業銀行(現:みずほ銀行) 入行

2005年3月 みずほ信託銀行に転籍 資産管理サービス信託銀行出向

2018年2月 みずほ信託銀行退職

まさお
まさお

この辺は先日の動画でも説明されていましたが・・・正直要ります?

確かに東京大学やみずほ銀行という名前は輝かしいとは思いますが、今の時代にこの名前を投資のきっかけにする人はいるのでしょうか・・・。

また、令和元年8月6日より下記の住所へ事務所を移転いたしましたのでご案内申し上げます。

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-1-11 郁文堂青山通りビル6階

電話 03-6452-6922  FAX 03-6256-9033

社員一同 気持ちを新たに日頃のご愛顧に報いるべく専心努力致しますので、今後ともご指導ご鞭撻を賜いりますようよろしくお願い申し上げます(原文ママ)。略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。

まさお
まさお

やはり文面は非常に丁寧で、投資ビジネスを行う会社としてこちらから期待したい必要十分な礼儀は心得た会社と感じました。

敬具

令和元年8月 吉日

株式会社LENDEX

代表取締役 深澤 克己

葉書を読んで想ったこと

文面は非常に丁寧なのですが・・・LENDEXがこの葉書の内容で投資家に対して伝えたいことがさっぱり伝わってきませんでした。

恐らく短期間に社長が2度変わったことを気にしているのだと思いますが、新社長の経歴を見せられても「だから何?」程度にしか感じません。

正直、丁寧に葉書を送ること自体は悪く無いと思います。ただそこに込めるべき内容は新社長の学歴、経歴ではなく「社長自身の想い」、「社長含め会社としての熱量」ではないでしょうか。

LENDEXの武器

LENDEXは、東急リバブルとの提携を含めて第三者の不動産評価を利用するなど、他のサービスにない強みを持っているサービスだと思います。

その辺りの武器を投資家にちらつかせつつも、今後LENDEXが乱立するソーシャルレンディング界隈の中でどうありたいか、その想いをきちんと投資家の方々に共感させることが出来れば、投資家の方から自発的に参加したくなるサービスになってくれるのでは、と期待しています。

口座開設などはこちらLENDEX
スポンサーリンク

サービス(LENDEX)の特徴

LENDEXは第三者による査定結果の利用を特徴とした不動産事業者関連のファンドを取り扱うソーシャルレンディングサービスです。
  • 第三者による査定結果の利用
  • 8~10%前後の高利回りが特徴
  • 過去の貸し倒れ、遅延無し

第三者による査定結果の利用

不動産投資
ソーシャルレンディングのファンドには不動産担保が付いていることが多くありますが、その評価査定はサービス事業者や貸付先企業のものが使用されている場合があります。もちろん必ずしもそれが虚偽の内容という訳ではありませんが、やはり第三者による査定、特に東急リバブルなど名の通った企業による物だと安心感があります。
不動産担保の付かないファンドも募集されていますので、きちんと確認してから投資判断を行って下さい。

8~10%前後の高利回りが特徴

LENDEXで募集されるファンドは8~10%前後の高利回りを特徴としており、最近では13%という超高利回りファンドの募集も行われることがあります。

過去の貸し倒れ、遅延無し

LENDEXでは2017年のサービス開始から現在(2019年7月時点)までの間、一度もファンドの貸し倒れも遅延も発生させずに配当を継続させています。
将来的に保証されたものではないため、投資成績の参考程度に考えて下さい。
口座開設などはこちらへLENDEX

コメント

  1. あああ より:

    ウチには何も来てません
    (やはりブロガーと庶民との違いなのか、数百万投資してるのに…プンプン)

    ココ個人的にはお気に入りなのですが、確かまだ赤のままなんですよね
    (内部は軽そうだし今年はファンド数多いんで黒化に期待)

    何処かと提携するなりして体力をつけていただくことが新社長への要望です
    (いきなり両手が上がるのが怖い)

    • まさおまさお より:

      投資アカウントとブロガーとは結び付かないはずなので、単純に郵便の都合だと思いますよ笑

      新社長はまだ就任から間もないのもあるのだと思いますが硬過ぎなイメージがありますね。
      LENDEXは面白くなれる要素あると思うので、肩肘張らずに新しい顔を見せて欲しいと思います。