RIZINファンドが無事償還!LENDEXの最近の盛り上りや運用状況などを独自データでご紹介。

LENDEX「RIZINファンド 1号」

昨年11月に募集され、LENDEXの名前を一躍有名にしたRIZINファンドが14日に無事、償還されました。

【11/14募集】LENDEX「RIZINファンド 1号」の注意点
不動産事業者関連で高利回りファンドが人気の「」で2019年11月14日(木)14時30分から「RIZINファンド 1号」の募集が予定されています。 ファンドの基本的な情報 ファンド名 RIZINファンド 1号 運...

個人的にはあの有名イベントがソーシャルレンディングで資金調達する時代になったことには驚かされました。

ただ結果として、こうやって償還されたことで投資家の間口を広げてくれた良案件となったのではないでしょうか。

また折角のこの機会なので次のような内容を整理し、本記事にてご紹介したいと思います。

  • LENDEXの人気状況をグラフから分析
  • LENDEXの投資しやすさの状況を分析
  • 現在の運用中金額を貸付先ごとにご紹介

2020年の投資家数とローン総額の推移

実は今年の1月1日から毎日0時頃のLENDEXの投資家数とローン総額の記録を取っていました。

その記録をグラフ化したのがこちらです。

LENDEXの推移(2020年1月~2月)

本来であればRIZINファンドの前からのデータがあれば良かったのですが、システム化したのがその頃だったので申し訳ありません(断片的な週次データはあります)。

投資家数の推移

LENDEXの投資家数はRIZINファンドの頃から毎週400~500人前後増えていましたが、2月8日(土)頃から急激に増加ペースが上がっています。

日付前日人数増加人数
2月8日6,952人+249人
2月9日7,201人+337人
2月10日7,538人+216人
2月11日7,754人+172人
2月12日7.926人+293人
2月13日8,219人+347人
2月14日8,566人+312人
2月15日8,878人+371人
2月16日9,249人

どこか有名サイトで紹介されたのかもしれませんが、それにしてもあまり類を見ない伸び方をしているように思えます。

もしこの辺り、有名サイトに限らずテレビ放送されたなど情報お持ちの方は、私のTwitterのアカウントなどにご連絡頂けますと幸いです。

ローン総額の推移

ローン総額はファンドの成立後、運用中となるタイミングで増加します。

このため1回だけ、大規模募集となった「不動産担保付きローンファンド 97号」の1億2,400万円分で急増していますが、あとは淡々と増加している感じですね。

2020年の募集ペースと平均投資金額は?

募集ペースは3日に1回

今年に入って2月16日までの合計47日に対して合計15ファンドの募集があったので、概ね3日に1回募集が行われていることになります。

流石に毎日のように募集のあるクラウドバンクとまでは行きませんが、それなりに投資機会のある募集ペースであることが分かりますね。

平均投資金額は約35万円

今年の15ファンドの合計申込金額は5億3,000万円、またのべ1,500人(ちょうどでした)のため、正確には約35万3,333円となりました。

余談ですが管理人が今年に入ってLENDEXに投資できたのはまだこれだけです。

管理人のLENDEX投資状況

ファンド募集のたびに即時完売する人気状況なのもありますが、利回り11%などの高利回りファンドはそれだけのリスクがあると考えているため、中々大金を投じられないのもあります。

現在の運用中金額について

現在までのローン総額約41億円に対し、運用中金額の総額は約15億円あります。

また運用中金額のうち貸付先の大きい事業者ベスト3をまとめてみました。

事業者運用中金額
神奈川県内の不動産事業者H約5.7億円
埼玉県内の不動産事業者L約4.1億円
東京都内の不動産事業者T約3.3億円
合計約13.1億円

3社ともそれなりの金額になってきていますので、そろそろ匿名解除を進めて頂いて、投資判断しやすくなると良いですね。

管理人の所感

LENDEXは高利回りを狙えますが運営企業が未上場会社です。

このため余裕資金があり、他のサービスで分散投資を行う一環として資金の一部を投じる利用方法が良いと考えています。

逆に高利回りの部分だけで判断して資産の大きな部分を預けているような方は、少し冷静になって自分の許容範囲を再考されることをお勧めします。

と言っても、それでも11%もの高利回りが魅力的なのは理解できますけどね。

LENDEX
LENDEX

もともと不動産担保ローンを中心としていたが匿名解除後はRIZINファンドなどを開始し人気急上昇中のサービス。

  • 東急リバブルなどの査定を利用
  • 不動産担保付きファンドが多い
  • 利回り目安6~13%
  • デフォルト発生率0%
  • 2019年後半から人気急上昇中
タイトルとURLをコピーしました