上場企業運営の新不動産型クラウドファンディング「信長ファンディング」登場!

信長ファンディング

先月の大家.comONIGIRI FundingタスキFunds、そして今月のみんなdeマンション経営に続いてまた新サービス登場です。

ヒント君
ヒント君

その名は「信長ファンディング」!

信長と不動産に何の関係が・・・と不思議に思いましたが、運営会社が愛知県に所在しているためこの名称が採用されたようです。

それにしても最近は新サービスが多すぎてどのサービスを選べば良いか悩ましいところですね。

本記事では現在までに判明しているサービスの情報を軽くまとめていますので、何かお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

「信長ファンディング」の基本情報

まずは信長ファンディングの基本情報をご紹介しておきます。

最新の基本データ
運営会社株式会社ウッドフレンズ(JASDAQ&名証2部上場)
サービス開始2020年11月
ユーザー数未公開
予定利回り5%程度?(年利・税引前)
運用期間12か月程度?
必要資金10万円~
募集ペース確認中
募集方式先着申込方式(キャンセル待ち有)
入金方式後入金方式
ヒント君
ヒント君

最近のサービス開設ラッシュの中、上場会社が新規サービスを開始とのことで、これは楽しみですね!

「信長ファンディング」での投資対象

現段階では不動産小口化商品「信長ファンド1号」の募集が予定されているようですが詳細ははっきりとはしていません。

ただ運営会社の事業内容や関連会社を確認したところ次のような不動産案件が投資対象となる可能性がありそうです。

  • 賃貸マンション
  • 商業テナントビル
  • オフィスビル
  • ホテル
  • ゴルフ場

また運営会社は分譲住宅や注文住宅も扱っているようなので、そういった案件も募集される可能性がありそうです。

それ以外に判明している条件

上記以外に判明している条件をご紹介します。

  1. 優先/劣後出資方式を採用
  2. 劣後出資割合は20%
  3. 利回り以外に手数料を取られる可能性あり?
ヒント君
ヒント君

手数料の件については説明ページに微妙な記載がされており、もしかすると他のサービスと同様、提示利回りは手数料を引いたものかもしれませんが、今後投資応募の際は必ず確認をしておいた方が良さそうです。

信長ファンディング

タイトルとURLをコピーしました