【2024年2月】COZUCHI史上最大のキャンペーン実施中!

シェア№1ソーシャルレンディングサービス「maneo」が成立ローン総額1,000億円突破!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

2008年10月に日本で初めてのソーシャルレンディングサービスとして産声を上げたmaneoが2017年12月22日、9年と約2か月の期間を経て成立ローン金額1,000億円を突破しました!

「おめでとうございます!!」

ちなみにその記念すべき成立ローン金額1,000億円を達成したファンドは「ガイアファンディングセレクトファンド100号」で、本日13時01分52秒にこれを達成しました!

スポンサーリンク

私とmaneoとの出会い

思えば私がmaneoに出会って初めて投資を行った記念すべき第1号ファンドは2015年12月の「【第3弾】冬のボーナスキャンペーンローンファンド4号」でした。

この時のファンドIDは390、そして現在募集されている最新のファンドIDは3,600を超えていますので、この2年のうちに3,000件以上のファンド募集が行われ成立ローン金額を積み上げていったことが分かります。

しかもこの間、一度のデフォルトも発生させていないのは素晴らしい成績ですね。

さて私の前置きは置いておいて、maneoの設立からの歩みや最近の状況をご紹介したいと思います。

maneoの歩み

日付 内容
2007年04月03日 maneo株式会社設立
2007年08月30日 maneoマーケット株式会社設立
2008年10月15日 サービス開始
2009年07月 UBIfinance株式会社設立
2009年07月31日 成立ローン総額1億円突破
2009年08月12日 登録者数が1万人突破
2010年10月15日 成立ローン総額3億円突破
2011年04月 UBIfinance株式会社がmaneoを買収
2011年09月08日 成立ローン総額10億円突破(登録者数2万1,000人突破)
2013年09月 瀧本憲治氏がmaneo、maneoマーケット社の代表就任
2015年07月03日 maneoプラットフォームを利用した初のサービス「LCレンディング」がサービス開始
2015年10月20日 GMOクリックホールディングス株式会社との資本業務提携を発表(2016年02月23日締結)
2016年01月26日 成立ローン総額400億円突破
2016年03月16日 株式会社VOYAGE VENTURESとの株式投資契約締結を発表
2016年08月05日 モバイル・インターネットキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社の資本参加を発表
2016年08月26日 IMJ Investment Partners Japanの資本参加を発表
2016年10月 GMOクリック証券での「maneo」の取り扱いが開始
2016年11月10日 株式会社アイビス・キャピタル・パートナーズ、池田泉州キャピタル株式会社の資本参加を発表
2017年03月29日 株式会社東京スター銀行とのコミットメントライン契約締結を発表
2017年04月24日 SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合の資本参加を発表
2017年07月31日 オリックス銀行株式会社とのコミットメントライン契約締結を発表
2017年10月10日 新サービス『会員ステータス』導入
2017年11月01日 maneoプラス株式会社設立
2017年12月11日 新サービス 『会員連携サービス』 導入

調べてみて驚きましたが、2009~2010年の頃は成立ローン総額が2億円増えるのに1年以上掛かっていたんですね。

本日はわずか半日程度で2億円以上分が成約しており、そのころと今の盛況ぶりを考えると暑いものがこみ上げてくる思いもします。

またmaneoの大きな転機となったのは2011年04月のUBIfinance株式会社による買収ですね。

それまで個人間融資ファンドで貸し倒れが多く発生していたため法人融資を中心に変更したことで、それ以降貸倒が発生しなくなったようです。

世界的にも個人間融資のソーシャルレンディングではいまだ貸倒が多発しているようですので、UBIfinance株式会社、そして瀧本憲治社長のお陰で多くの投資家が損を出さずに儲けを得られるようになったということだと思います。

「ありがとうございます!」

maneoの最近の状況

maneoが公開されている情報から最近の状況を確認してみます。

丁度、私がmaneoで投資を始めたころから今月までの間に成立ローン総額は何と3倍近い数字となっています。

先程もご紹介した通り、2009~2010年の頃は成立ローン総額が2億円増えるのに1年以上掛かっていたことを考えると驚異的な伸び方をしていますね。

そして大きいのはこのデフォルト発生が0件、0円であること。

そう言えば今年、1回だけ「担保無し」のローンファンドで返済遅延が発生しましたが、実は裏できちんと担保を取っており最終的に元本と利息を全額(遅延損害金も一部)回収した事案もありましたね。

自分は現在300万円超を投資中のため、平均にはなんとか勝った!・・・と思いましたが・・・

300万円以上投資中の投資家数よりも500万円以上投資中の方の方が人数は多いようです笑

これは500万円以上の投資口座残高(貸出元本金額と口座残高の合計金額)で会員ステータスがゴールドになるのも少し影響しているのかもしれませんね。

まとめ

maneoは今回成立ローン総額1,000億円突破しましたが、他にも投資家数もファンド数も他のソーシャルレンディングサービスを寄せ付けない数字を誇っています。

もちろん他のソーシャルレンディングサービスもそれぞれ個性があって魅力的なサービスが数多くありますが、やはりmaneoは業界のリーディングカンパニーとして今後も君臨し続け、今回のこの1,000億円も数年後には単なる通過点に過ぎない数字となるでしょう。

なぜならmaneoの目標は瀧本憲治社長曰く「日本に眠る1,000兆円を超える金融資産を、直接金融での運用を紹介することで経済を活性化」することにあるためです。

改めまして、maneoが今後も成長し、そして私もその恩恵に与り続けられることを楽しみにしています!

maneo

コメント

タイトルとURLをコピーしました