オーナーズブック「港区マンション第2号ファンド第1回」の担保内容に目が点。

オーナーズブック「港区マンション第2号ファンド第1回」の担保内容に目が点。

OwnersBookさんで2月14日から募集開始予定の「港区マンション第2号ファンド第1回」の内容はもう確認されましたでしょうか?私はこちらの内容をいつものように確認していて、担保内容のある事に気が付いて一瞬目が点になってしまいました。

 

「東京都港区白金台に所在するマンション1室

「OwnersBook評価額 \116,000,000

 

何と、驚くことに今回のファンドはマンション1棟ではなくマンション1室で評価額1億円超えの不動産が担保とのことです。

もちろん東京には1室1億円超えのマンションが多く存在していることは認識していますが、いざ目の前にすると改めて驚きを感じられるものですね。

 

さてそのような訳で、私のような一般庶民でもマンション1室1億円の不動産を担保に取って投資を行うことができる今回のファンドについて簡単にご紹介したいと思います。

ファンドの基本的な情報

基本情報
期待利回り5.0%
運用期間13か月(2018年02月28日投資実行~2019年3月20日償還予定)
担保抵当権/根抵当権
募集総額8,610万円
最低投資金額1万円~
元本返却方法13ヶ月後一括返済
期中配当毎四半期
募集開始予定2018年2月14日 18時

ファンドの詳細な情報

今回のファンドもいつものように2つの物件で構成されており、1件目が8,600万円、2件目が10万円の貸付と比率が1件目に偏っていますので2件目については省略します。

※ソーシャルレンディングでは貸金業法に抵触しないように多くの場合、1つのファンドは複数の案件で構成されています。

東京都港区白金台に所在するマンション1室

白金台と言えばシロガネーゼで有名な高級住宅街ですよね。その中でも今回の担保物件を含むマンションは次のような状況とのことです。

1982年3月に建築された区分所有建物のうち1戸に該当します。建物は地下1階付地上4階建で、対象物件は中層階に所在するマンション一室です。総合不動産会社AAによると、建物全体の管理費・修繕積立金に滞納はなく、管理規約通りに徴収されており、また2004年に大規模修繕工事(屋上防水・外壁タイル張替・鉄部塗装)を実施して以降、防犯カメラ新設やエレベーターのリニューアル工事等を実施するなど計画に即した修繕等がなされているとのことです。維持・管理の状態は良好です。

つまり築36年近くにも関わらず評価額が1億1,600万円もあるということになりますね。凄いな・・・。

リスク評価

リスク

 

ロケーション東京都港区白金台
稼働率単位:%分析対象外
スポンサー クレジット設立3年超の総合不動産会社

ちなみに稼働率単位が分析対象外となっているのは、通常のマンションなどでの評価の場合は賃借率で判定されていますが、今回の物件では物件を所有する法人の代表者が自己居住目的で使用しているためのようです。

物件の財務構造

OwnersBook
評価額
1億1,600万円
シニアローン(今回の投資)
8,600万円
(74.1%)

 

今回の担保はご覧の通り評価額に占める貸付金額の割合が74.1%と低くなっており、OwnersBookさんで募集される他のファンドに比べてもリスクが低そうです。

また港区白金台の地価もここ5年、上昇を継続しており、運用期間も13か月と程良い長さとなっていますので、問題が発生しても担保の売却で元本以上の金額が戻ってくる可能性は高そうですね。

そのような訳で私は今回のファンドに積極的に投資をしたいと考えていますが、みなさんは如何でしょうか。

OwnersBook

 

オーナーズブックカテゴリの最新記事