Fundsでアマギフ最大4万円分!(記事)

不動産投資型クラウドファンディング高利回りファンド3選

こんにちは、管理人のまさおです!

まさお
まさお

不動産投資型クラウドファンディング界隈の高利回り争いが激しくなってきましたね。

以前は10%が天井でしたが、最近ではそれを超えるファンドも登場しています。

そこで本記事では過去から現在までの募集ファンドから予定分配率が高かった物を3つほど、ご紹介したいと思います!

WARASHIBE「練馬区 武蔵関Ⅰ」

栄えある高利回り第一位のファンドは、WARASHIBEの「練馬区 武蔵関Ⅰ」で、なんと利回り12%での募集です!

詳細 WARASHIBEについて

WARASHIBEの予定分配率12%ファンド

WARASHIBEの「練馬区 武蔵関Ⅰ」

さらにこのファンド、最終結果次第では追加分配が行われて20%まで上昇する可能性も示されています。

2021年11月運用終了予定のため最終結果はまだですが、その時は業界に伝説を残してくれることを期待しています。

WARASHIBE

victory fund「浅草1丁目商業ビルプロジェクト」

そして第二位は、利回り10.5%で募集のvictory fund「浅草1丁目商業ビルプロジェクト」です。

詳細 victory fundについて

予定分配率10.5%のファンドの例

victory fundの「浅草1丁目商業ビルプロジェクト」

天井をわずか0.5だけ超えたファンドのようですが、条件を満たせば最大12.0%も可能なファンドです。

もちろんその条件が「200万円での投資」とハードルが高く、1位のWARASHIBEの「練馬区 武蔵関Ⅰ」と単純比較は出来ませんけどね。

victory fund

Rimple「Rimple’s Selection #1(クレイシア新宿)」

最後にご紹介する高利回りファンドは、人気サービスRimpleの1号ファンド「Rimple’s Selection #1(クレイシア新宿)」の10.0%です。

詳細 Rimpleについて

Rimple's Selection #1(クレイシア新宿)

「Rimple’s Selection #1(クレイシア新宿)」

実は予定分配率が10.0%超のファンドは他にも数件あります。

その中でこのファンドを選んだのは、抽選倍率16倍もの中で運良く当選できた思い入れあるファンドのためです。

ちなみにRimpleは東証一部上場企業運営のサービスです。

最近は4%前後での募集が増えていますが、その安定性への期待から新たな投資家も増え続けているようです。

Rimple(リンプル)

最後にちょっと一言

高利回りのファンドはその分、高リスクのファンドである可能性もあります。

このため投資判断を行う際は利回りだけに釣られず、その内容を理解してから投資判断を行うことをお薦めします。

また最後にもう一度、1位を獲得したファンドのサービスWARASHIBEを簡単にご紹介しておきます。

WARASHIBE(わらしべ)
WARASHIBE

劣後出資ありでも予定利回り12%など高利回りも狙える不動産投資型クラウドファンディングサービス。

タイトルとURLをコピーしました