東証プライム市場基準適合企業Grの新サービス(記事)

上場関連企業に貸付投資できる融資型クラウドファンディングサービス3選

こんにちは、管理人のまさおです!

まさお
まさお

利回りはほどほどでも信頼性はトップクラスの企業にお金を貸して利回りを狙いたい!

今回はそんな方にピッタリの3つのサービスをご紹介したいと思います。

  • 貸付投資で優待券もゲット!
  • 優待券は無いけど利回りやや高め
  • 上場企業以外も含め元本割れ無し

もし少しでも引っ掛かるところがあれば、少しだけお付き合いをお願いします。

Funds(ファンズ)

Funds(ファンズ)は東証一部上場企業を含む複数の上場関連企業にお金を貸付けることで配当を受けられるサービスです。

詳細 Fundsについて

サービスの主なポイントは次の通り。

  • 予定利回りは2%前後
  • 運用期間は2~24ヶ月程度
  • 企業からの優待もあり
まさお
まさお

貸倒リスクの低い企業への貸付のため利回りは高くはありませんが、初心者の方でも投資しやすいサービスです。

またFundsは投資を通じて投資家と企業との新しい関係を生み出すことを目指しています。

そしてその考えに賛同した企業が資金の借入れよりも宣伝目的でFundsを利用している場合もあるようです。

また今まで、そう言った企業から次のような優待プレゼントもありました。

飲食店割引券、スパ利用優待券、ホテル優待券、ECサイト商品券など

身近に使える店舗があると嬉しい優待ですよね。

まさお
まさお

また最近はメルカリへの貸付でメルペイポイントが貰えるファンドもあり、人気を博しています。

最近もFundsで貸付け出来る企業は増え続けてており、あの企業やこの企業で優待付きファンドが登場しないか楽しみです。

Funds

FUELオンラインファンド

FUEL(ふえる)オンラインファンドも東証一部上場企業を含む複数の上場関連企業にお金を貸付けることで配当を受けられるサービスです。

詳細 FUELオンラインファンドについて

サービスの主なポイントは次の通り。

  • 予定利回りは2~5%前後
  • 運用期間は6~24ヶ月程度
  • 企業からの優待はなし
まさお
まさお

Fundsと比べると(今のところ)優待は無い代わりに利回りはやや上といった感じです。

またFundsとは別の上場企業の募集もあり、双方で貸付先を分散することでリスクも分散できるのもポイントですね。

なおFUELは東証一部上場のシーアールイー社への貸付に特化したCRE Fundingも運営しており、同じアカウントで利用できる点も便利なポイントです。

FUELオンラインファンド

クラウドバンク

クラウドバンクは未上場企業への貸付がメインですが、不定期に「上場企業事業拡大支援ファンド」の募集も行われています。

詳細 クラウドバンクについて

また上場関連企業向け以外の実績も含めたクラウドバンクの特徴をご紹介します。

  • 過去の応募総額1,000億円以上
  • 融資元本回収率100%
  • 実績平均利回り7%程度
まさお
まさお

この応募総額で過去1件も元本割れが無い(融資元本回収率100%)のはお見事です。

もしこの実績でも不安な方は、しばらくFundsやFUELオンラインファンドで貸付投資に慣れてからチャレンジしてみるのも良いと思います。

大家どっとこむ

最後にちょっと一言

もちろん上場企業でも貸付中に破綻してしまい元本棄損の可能性はゼロではありません。

ただ未上場企業に比べて多くの情報が公開され、また株式投資家のチェックも受けているため比較的安全性の高い貸付先となります。

とは言え同じ企業に全投資額を託すのは危険なため、いくつかの上場企業に分散して貸付することをお薦めします。

また最後に、Fundsについてもう一度だけ簡単にご紹介しておきます。

Funds(ファンズ)
Funds

Fundsは上場企業を中心に信頼性の高い貸付先に貸付投資が出来る融資型クラウドファンディングサービスです。

  • 上場企業が主な貸付先
  • 貸付先から優待もあり
  • 2019年1月開始
  • 利回り1.5~6%(年利)
  • 1円からの投資
  • 入金は投資前後どちらも可
  • 出金手数料なし
タイトルとURLをコピーしました