SBIソーシャルレンディングで明日までの投資でポイントが貰える緊急キャンペーン実施!

SBIソーシャルレンディングより明日までの投資でかつ、ファンド限定で投資利回りとは別にSBIポイントが貰える投資の案内がありました。

スポンサーリンク

SBIポイントが貰える条件

今回の案内を要約すると、追加でSBIポイントを貰う為には次の条件を満たす必要があります。

  • 2017年12月14日(木)17時時点で投資家登録済
  • 「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2017年12月1号(ファンド番号:J0124)」へ出資を行うこと
  • 15日(金)当日中にマイページ投資情報で「ファンドID:J0124」の投資状況ステータスが入金済となること
  • そのためには新規入金の場合は15日(金)17時までに申込金額と同額の出資金が確認される必要があること
  • 実際に運用が開始されること

ちなみに既に本ファンドに投資済の場合もポイントプレゼントの対象となるとのことです。

さらに以前のファンドからロールオーバーした場合、本ファンドからロールオーバーしてしまった場合も対象となるためかなり親切なキャンペーンとなっています。

追加でポイントが貰える理由

今回の案内は18時34分ごろに受け取りましたが、その時点で「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド2017年12月1号(ファンド番号:J0124)」への投資金額は2億円超。

これに対して借手である不動産担保ローン事業者複数社からの資金需要が大幅に上回っており、出資金が不足している状況のため緊急で追加投資が必要になったようです。

実際に貰えるポイントとこれによる見込み利回り

今回の投資で貰えるポイントは「実際に運用が開始された出資金額の0.3%相当」となりますが、実際に貰えるタイミングは「2018年2月28日(水)以降、約1ヶ月程度」の予定となっています。

つまり約3か月(1月~3月)の投資に対して0.3%分のポイントが貰えることを考えると年利換算で1.2%程度の価値があると考えることが出来ます。

そして元々「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」の予定年間利回りは3.2~4.7%となっていますので、これを加算すると4.4~5.9%程度の見込み利回りと考えても良いのではないでしょうか。

正確にはファンドの運用期間は14か月あるためもっと複雑な計算が必要となります。

注意が必要な点

新規入金ではなく「かんたん出資」の場合でも、SBIソーシャルレンディングでは15日(金)19時以降、翌1時までの間、システムメンテナンスが予定されているため、19時までの申込が必要な点にご注意下さい。

SBIポイントプレゼントのご案内(J0124)条件

サービス(SBIソーシャルレンディング)の特徴

SBIソーシャルレンディングは2011年にサービス開始した日本で3番目に古いソーシャルレンディングサービスです。また、その名の通りネット金融最大手のSBIグループの一翼を担っているサービスでもあります。

主な特徴

  • SBIグループのサービスであること
  • 業界№1のサービスであること
  • バラエティに富んだファンドたち

SBIグループのサービスであること

SBIソーシャルレンディングはその名の通りネット金融最大手のSBIグループの一翼を担う企業のため、SBIソーシャルレンディング自体の安定性もSBIグループのそれが揺るがない限りは守られていくだろうという期待感が持てます。

業界№1のサービスであること

またSBIグループの一員であるという「名」だけでなく、「Gomezソーシャルレンディングサイトランキング(2019年2月)」「富士通キメラ総研 決済関連市場調査クラウドファンディングマーケットシェア(2018年実績」の2つの分野で№1という「実」も兼ね合わせて持っています。

バラエティに富んだファンドたち

SBIソーシャルレンディングでは最も多い不動産関連のファンドから太陽光発電など再生利用可能エネルギーに対する投資、またそれ以外に近年成長著しいカンボジアの自動車市場やマイクロファイナンス市場への投資など、バラエティに富んだファンドの募集が行われます。
SBIグループ運営の人気サービスはこちらSBIソーシャルレンディング

コメント