OwnersBookが4周年!過去4年分のデータを徹底分析して見えて来たものとは?利回りの差や平均申込金額などをご紹介

東証マザーズ上場企業のロードスターキャピタル株式会社が運営するOwnersBookがこの9月で無事に4周年を迎えることになりました。

まさお
まさお

OwnersBook公認の開始日は2014年9月8日ですが、1号ファンドの募集は6日から開始されていたようです。

OwnersBookは4年前、まだソーシャルレンディング投資が超マイナーな時代にサービスを開始し、最近他のサービスでは問題が起きている中でも、これまで1件の延滞やデフォルトを出さずに投資家を利益を還元し続けていることは本当に素晴らしい結果と言えると思います。

このため今回、このOwnersBookに敬意を評して過去4年分の全投資データを分析し、今に至るまでの結果と傾向をまとめてみましたので、OwnersBookで投資を考えている方のご参考になればと思います。

全てのファンド件数と償還の状況

OwnersBookで2018年8月末日までに募集された貸付型のファンドは115件となっており、そのうち67件が償還済、1件が案件不成立、残りは全て正常運用中、つまり延滞やデフォルトが発生したファンドは0件となっています。

また、償還済件数のうち63件が予定利回りよりも高いか同等の確定利回りを得ることが出来ており、残りの4件も予定利回りを下回るとは言え0.2%ポイント以内の低下で償還が行われていました。

まさお
まさお

利回りが低下したファンドもすべて、最初に募集されてから5件以内のものでした。

予定利回りと確定利回りの差

上記でご紹介したファンドの情報を元に、まず最初に予定利回りと確定利回りの差をまとめてみました。

OwnersBook 4周年 予定利回りと確定利回りの差

※表の横軸は各ファンド説明画面のURL末尾についている4桁の数字(ファンドIDと呼びます)を使用し、ファンドの基準日には投資実行日を用いています。

まさお
まさお

OwnersBookのファンドIDはきれいに数字がそろえるためか、1からではなく1000から開始されているようです。

こうして図にしてみると残念ながら利回りが全体的に低下傾向で、さらに3年目中盤以降は予定利回りに対して確定利回りが大きく跳ねることも無くなったことが分かります。

また3年目までは予定利回り5%前後をキープしていましたが、4年目に入ってから4.5%前後に下がってきたことも確認できますね。

利回りが低下傾向になることは残念ですが、前向きに考えると会員数が増えたことで高い利回りを提示しなくても資金が集まる状況、つまりOwnersBookの経営自体が安定してきたためではないかと考えています。

募集総額と申込人数

次に募集総額と申込人数の相関関係を調査してみました。

OwnersBook 4周年 募集総額と申込人数

こちらのグラフからはOwnersBookの1ファンド辺りの募集総額が年々大きくなる傾向にあり、またこれに連れて申込人数も増えてきていることが分かります。

ただ、既に1ファンドで3~4億円を超えたものもチラホラと出てきているため、貸付型ファンドの募集総額としてはそろそろ頭打ちになるのではないかと予想しています(SBIソーシャルレンディングでは1ファンド10億円越えもありますが、あれは本当の意味で貸付先が複数化されているようですしね)。

これに対して恐らく参加するユーザー数はますます増えていくため、OwnersBookは次のいずれかの方向に進むのではないかと考えています。

  1. 多くのファンドを短いサイクルで募集するようになる。
  2. エクイティ型ファンドを増やしてユーザーを2分化する。
まさお
まさお

OwnersBookの今までのアナウンスを見ると2のエクイティ型ファンドを増やしたいんじゃないかな?

平均申込金額

さらに「募集総額と申込人数」をもとに1ユーザー辺りの平均申込金額の傾向をまとめてみました。

OwnersBook 4周年 平均申込金額

この結果から、ユーザー数が増えてきたことから1~2年目にはかなり大きく存在していた1ファンド毎の平均申込金額のブレが徐々に少なくなってきたことが分かります。

1年目2年目3年目4年目
募集総額計18,350万円55,350万円147,250万円495,390万円
募集人数計349名1,519名5,648名20,116名
平均申込金額52.6万円36.4万円26.1万円24.6万円

またまだ傾向を述べるには早いかもしれませんが、毎年の平均申込金額の傾向から1ファンド1ユーザー辺りの金額は25万円前後に集約されていきそうです。

中には1,000万円以上申込んでいる方もいそうですが、この数字は自分が投資する際の基準になりそうですね。

サービス(OwnersBook)の特徴

OwnersBookOwnersBookは2014年9月のサービス開始から安定した配当を継続しており、私自身も常に500万円以上を投資しているソーシャルレンディングサービスです。
  • 上場企業による運営
  • 不動産のプロが案件を厳選
  • しっかりとした不動産担保

上場企業による運営

ソーシャルレンディング投資では運営会社の安定性が非常に重要となります。 その点、OwnersBookの運営会社は東証マザーズ市場に上場しているため、常に市場から評価される立場にあり未上場の会社に比べると安心感が持てます。

不動産のプロが案件を厳選

不動産投資
OwnersBookの運営会社はもともと不動産投資事業が本業のため、多くのメンバーが20年以上の不動産事業の経験を保有しており、OwnersBookではその経験豊かなプロ達が厳選した案件の募集が行われています。

しっかりとした不動産担保

OwnersBookでは、融資先に貸付を行う際に必ず不動産担保を設定しており、また貸付金額を不動産評価額の80%以内に制限することによって投資元本棄損のリスクを軽減しています。
必ずしも不動産評価通りの価格で売却できる訳ではないため元本が棄損する可能性もあります。
抽選申込開始でより投資しやすく!OwnersBook

コメント