CATEGORY クラウドクレジット

東欧や南米、アフリカ大陸などの新興国への投資を行う事が出来るソーシャルレンディングサービス。日本国内だけでなく分散投資先として加える事を検討したり、為替差益も加えて高い利回りを狙いたい方などに向いているサービス。

クラウドクレジットがガイアの夜明けに登場!さっそく概要をまとめてみた。

gaiaテレビ東京系列「ガイアの夜明け」で16日(火)に放送された「さらば銀行!?金融維新」特集の中でさんが紹介されました。 さんと言えば国内の他のソーシャルレンディングサービスとは異なり、海外、特に新興国や成長期待国としてアフリカ、東欧、南米などへの融資ファンドを扱っています。 そして今回は特にその中でも、南米経済の優等生と呼ばれるペルーに対する投資がクローズアップされていましたので、その概要に […]

「ペルーマイクロファイナンス支援ファンド1号」で狙う社会的リターンとは?

で予告されていたペルーの新ファンド「ペルーマイクロファイナンス支援ファンド1号」の募集が開始されましたが、その利回りを見て唖然とした方も多いのではないでしょうか。 ただ、こちらのファンドについてはクラウドクレジット代表取締役の杉山 智行氏自身も述べているように期待利回りを追求するよりも社会的リターンを求めることを目的としたファンドのようですのでその内容と、社会的リターンとは何かについて確認してみた […]

  • 2018.01.06

クラウドクレジットから新ファンドの予告と新たな形のファンド計画中との発表!

さんから1月5日に「マイクロファイナンスファンド組成開始のお知らせ」のプレスリリースがありましたので、その内容を簡単にまとめます。 マイクロファイナンスファンドについて マイクロファイナンスとは マイクロファイナンスとは貧しい人々に小口の融資や貯蓄などのサービスを提供し、彼らが零細事業の運営に役立て、自立し、貧困から脱出することを目指す金融サービス(出展:Positive Planet Japan […]

  • 2017.12.18

クラウドクレジットの新通貨「ジョージアラリ」はどんな通貨?

で11日から新たに募集されているファンド「【ジョージアラリ建て】マイクロローン事業者ファンド1号」ですが、この「ジョージアラリ」は馴染みの無い通貨でしたのでどのような通貨か調べてみました。 そもそもジョージアって? 国名の読み方について ジョージアとはGeorgiaの英語読みの国名で、2015年4月以前は日本ではロシア語由来の読み方で読みでグルジアと呼ばれていました。 読み方が変わった理由は、ジョ […]

  • 2017.10.28

クラウドクレジットのカメルーン2ファンドの利回り差について

さんが26日から新規に募集を開始した「カメルーン農業支援ファンド1号」ですが、同時期に募集されている同じくカメルーンの「カメルーン中小企業支援プロジェクト18号」と利回りに大きな差がありましたので、その理由を理解するため両ファンドについての違いを比較してみました。 農業支援ファンド1号 中小企業支援プロジェクト18号 当初販売金額 1,000万円 期待利回り 9.4% 12.4% 投資倍率 1.0 […]

  • 2017.03.09

「第1回 ソーシャルレンディングサミット 」に参加しました。

ソーシャルレンディング専門メディアのクラウドポートさんが主催の「第1回 ソーシャルレンディングサミット」に参加させて頂きました。 このイベントはサミットという名称から連想されるように「ソーシャルレンディング各社が会社の垣根をこえて集結」し、自社の紹介や各社の代表者の方々がパネルディスカッションを行うイベントとなっていました。 参加企業、登壇者一覧(紹介順) 参加企業(サービス)名 登壇者 mane […]

  • 2017.01.14

ソーシャルレンディング会社紹介「クラウドクレジット」

南米や東欧、アフリカなど海外とつながるソーシャルレンディング投資の機会を提供しているさんについてご紹介します。 運営会社の基本情報 ソーシャルレンディング会社の多くでは投資資金の信託分別管理が行われていないため、ソーシャルレンディング会社が破たんした場合、投資資金の引き出しが困難となるリスクがあります。 このためソーシャルレンディング投資を行う場合は、そのサービスを運営している会社自体の健全性もひ […]

  • 2016.12.06

【転載許諾済】【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト1号 公式Q & A 集

先日の下記の記事の続報になります。 クラウドクレジット「カメルーン中小企業支援プロジェクト1号」で契約期間延長のお知らせ・・・orz さんのカメルーンへの投資ファンド「【為替ヘッジあり】カメルーン中小企業支援プロジェクト1号」はご存知の通り契約期間延長(≒償還の遅延)状態となっています。 こちらのファンドについては私自身も投資を行っており、上記の記事で次のような疑問を挙げていました。 同系列のファ […]

  • 2016.12.02

【募集中】クラウドクレジット「【為替ヘッジあり】ジョージアマイクロローン事業者ファンド1号」を読み解く

現在私はさんで「東欧金融事業者支援ファンド」「カメルーン中小企業支援プロジェクト」「欧州3か国個人向けローンファンド」「北欧個人向けローンファンド」「【ロシアルーブル建て】マイクロローン事業者ファンド」に投資中です(分類すればこの5種類ですが、全体では7ファンド)。 ですが今までこの「ジョージアマイクロローン事業者ファンド」には一切投資を行っていませんでしたが、その理由は単純に【為替ヘッジあり】の […]

  • 2016.12.01

クラウドクレジット「カメルーン中小企業支援プロジェクト1号」で契約期間延長のお知らせ・・・orz

南米、ヨーロッパ、カメルーン等への海外投資ファンドを中心に取り扱っているさんから、私自身も投資中の「カメルーン中小企業支援プロジェクト1号」での契約期間延長のお知らせがありました。 ファンドの基本情報 基本情報 期待利回り 11.3% 運用期間 約7ヶ月 当初販売金額 5,000万円 最低投資金額 5万円~ 契約期間の延長について 契約期間延長と聞くと耳障り良く聞こえるかもしれませんが、内容をきち […]

  • 2016.10.25

クラウドクレジット「預託金口座開始」のメリット・デメリット

もともと9月1日の予定からしばらく延期されていたさんの「預託金口座」の導入が11月1日から開始となるとのお知らせがありました。 またこれに合わせてファンドの最低投資金額が今までの5万円から1万円に引き下げられることも発表されましたので、今までよりも気軽に海外ファンドへ投資しやすくなりますのでうれしいですね(๑•̀ㅂ•́)و✧ さて、そのような訳で今回のお知らせから読み取れた「預託金口座」開始にとも […]

  • 2016.10.18

クラウドクレジット「欧州3か国個人向けローンファンド6号(バランス型)」を読み解く

さんでは本日現在、6つのファンドが同時に募集されていますが、その中で、リスクが低い中でも可能な限り高い利回りの投資ファンドを望む自分のようなわがままタイプの方向けの「欧州3か国個人向けローンファンド6号(バランス型)」について読み解いて見ます。 ファンドの基本情報 こちらのファンド名にある「欧州3か国」は「スペイン」「フィンランド」「エストニア」の3か国が対象となってり、ファンドの基本的な内容は次 […]