【2024年6月】各サービスで実施中のキャンペーン

合同セミナーで説明されたCOZUCHIがCOMMOSUSを利用する目的とは?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
先日、不動産型CFのCOZUCHIのYoutubeチャンネルで「【第2回】COMMOSUS合同セミナー」が開催されました。

参考 COZUCHIのメリット・デメリット

主なテーマはCOMMOSUSで現在募集中の「首都圏近郊物流用地プロジェクトファンド(COZUCHI FUND3号)」について。

またそれ以外にも主に次のような内容についての紹介や質疑応答が行われていました。

  1. COZUCHI FUND3号がCOMMOSUSで募集される理由
  2. COMMOSUSのサービス自体について
  3. COZUCHIのサービスについて

細かく言えばもう少し色々とありますが、セミナーは1時間のボリュームがあり聞くのも大変だと思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回、僕の方でセミナーの内容をまとめてみましたので、もし良ければこちらをご利用下さい。

まさお
まさお

ただし僕個人の判断で情報を補完している部分もありますので、誤りもある可能性についてはご理解下さい。

なお内容が膨大なため今回はひとまずCOZUCHI FUND3号に関するトピックだけご紹介しておきます(それでも多いですが)。

「【限定】投資家登録キャンペーン」

当ブログ経由で6月30日(日)までに投資家登録を行うだけでAmazonギフト券2,000円分、さらに初回投資金額に応じて最大で48,500円分が貰えます!

COZUCHI

COZUCHI FUND3号がCOMMOSUSで募集される理由

COZUCHI FUND3号の物件がCOZUCHIでなくCOMMOSUSで募集される理由を不思議に思っている方も多いのではないでしょうか。

今回のセミナーではこの点について主に2つの理由が説明されていました。

  1. 今回の開発用地は現況、債権扱いとなりCOZUCHIでは募集出来ない
  2. プロジェクトの都合上、住所を完全非開示にする必要がある

これだけだと分からないと思いますのでもう少し詳しくご説明します。

COZUCHI

債権扱いでCOZUCHIで募集不可

今回の開発用地内には一部農地があり、転用許可を得るまで所有権の移転登記が出来ず仮登記で債権のような扱いとなっているそうです。

転用:農地転用とは農地を農地以外の目的で利用可能にすること

この場合は不動産投資型クラウドファンディングを縛る不動産特定共同事業法不特法)の制限によりCOZUCHIでは扱えないとのこと。

COZUCHI

都合上、住所を完全非開示に

またCOZUCHIで募集を行う場合、不特法の関係で住所を完全には非開示に出来ないようです。

このためCOZUCHIで扱うと不特定多数の人にどの物件の募集が行われているか知れ渡り、関係者の方にはその事が類推される可能性もあります。

もちろん本質的に問題がある訳では無いようですが、行政などがどう反応するか読めず調整が難航する可能性も懸念された点もあるようです。

まさお
まさお

1つ目の理由は法的な制限、2つ目は案件の裏話的な話ですね。正直に説明頂き大変興味深く感じられました。

COZUCHI

TRIAD直接融資でなくプロジェクト融資の理由

こちらは直接融資も可能だったが、資金使途を限定した方が貸付状況をモニタリングしやすく問題発生時の回収可能性も高くなるからとのこと。

さらに投資家の方々にも資金使途を明確にしたいという意図もあったそうです。

まさお
まさお

物件の情報こそ非開示ですが、お金を借りる意図や返済方法などを明確に示したかったようですね。

COZUCHI

今回担保設定が無いのは何故か

こちらはCOMMOSUSのファンド募集と開発用地の登記を紐づけられたくない意図があったそうです(住所非開示と同じ理由ですね)。

ただし開発用地プロジェクトの特別目的会社(SPC)に対してTRIADからは抵当権設定しているとのこと。

また現段階では担保設定に意味はなく(農地なので担保としてはほぼ無価値)、TRIAD社の返済可能性も確認しているそうです。

COZUCHI

TRIAD社はCOMMOSUSの株主なので返済に支障はないのか

COMMOSUSは金融庁監督の厳しい金融規制下で運営されており、株主であっても特定事業者を過度に優遇する業務運営は許されないとのこと。

このためTRIADに問題が起きても他事業者と変わりなく回収を行うそうです。

ちなみにTRIADからCOMMOSUSの親会社Social Common Capitalへの出資比率は8.6%で、経営の影響度では非常に限定的とも。

COZUCHI

TRIAD買取後にCOZUCHIでファンド組成の可能性はあるか

農地転用に時間が掛かるため1年度という可能性は低いが3年後など完了していれば可能性はあるそうです。

まさお
まさお

ちょっと先になりますが、もし募集があったらかなりデカい話になってそうですし面白そうですね。

COZUCHI

次回予告について

という訳で「COZUCHI FUND3号に関するトピック」はここまでです。

次回以降はCOMMOSUSやCOZUCHIのサービス内容についてあった話をご紹介したいと思います(間に他の記事は入るかもですが)。

COZUCHI(こづち)
COZUCHI

COZUCHIは案件大成功時に予定利回り以上の分配発生もある、大人気の不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

当ブログ経由で6月30日(日)までに投資家登録を行うだけでAmazonギフト券2,000円分、さらに初回投資金額に応じて最大で48,500円分が貰えます!

 

タイトルとURLをコピーしました