サービス比較企画第2弾:登録ユーザー(投資家)数を比較

サービス比較企画第2弾:登録ユーザー(投資家)数を比較

前回の記事「サービス比較企画第1弾:サービス提供期間の長さを比較」に引き続き、サービス提供会社自体が破たんするリスクを極力回避するための指標の1つとして、各サービスのユーザー数をご紹介します。

各サービスのユーザー数(半自動取得)

各サービスのユーザー数はそのサービスが投資家からどれだけの人気を集めているかを図るうえでの1つの指標値となります。

またユーザー数が多ければ多い程ファンドへの資金が集まりやすくなるため、そのサービスは更に新しいファンドを募集しやすくなります。

そしてファンドの利回りと融資先への貸付金利の差額(事業者スプレッド、営業者報酬など)を利益としているサービスはその経営基盤が安定しやすくなるため、少しでも安定したサービスを探したい場合はユーザー数も参考になると考えられます。

※ソーシャルレンディングサービス単体ではなく他事業の宣伝ツール目的やグループ企業への資金調達手段としてサービス運営を行っていると思われるサービスもあり、その場合はこの限りではありません。

このため、下記の表では各サービスの登録ユーザー数をまとめてご紹介致します。

サービス名ユーザー数サービス概要
maneo64,000人超日本初、シェア№1の老舗サービス。常に多数のファンド募集があり初心者にも使いやすいサービスです。
OwnersBook10,000人超上場企業が提供する不動産投資型のサービス。利回りほどほどで安心を求める方に向いています。
クラウドクレジット9,300人超新興国ファンドを提供するサービス。海外分散投資や高リスク高リターンを狙いたい方にお勧めです。
ラッキーバンク6,000人超全案件、不動産担保付で安心・安全がモットーの東京都の不動産ファンドを中心とする人気サービスです。
グリーンインフラレンディング4,400人超再生可能エネルギーに特化した高利回りファンドを扱うサービス。人気急上昇中です。
ガイアファンディング3,400人超米国を中心とした海外不動産に投資出来るサービス。高利回り・担保付・円建てです。
クラウドリース2,800人超店舗ビジネスを中心としたサービス。利回りが10%前後と高利回りで担保や保証が付きます。
LC Lending2,600人超不動産担保付のファンドや親会社の上場企業が保証を行うファンドなどを扱うサービス。
アップルバンク1,800人超不動産担保付高利回りのファンドを多く募集するサービスです。たまに給与前払い立替システム関連もあり。
キャッシュフローファイナンス1,600人超不動産と新規事業、新技術を中心に長期的キャッシュフローが見込まれる案件を扱うサービスです。
アメリカンファンディング1,600人超米国不動産投資案件に特化したサービス。高利回り・担保付・円建てです。
さくらソーシャルレンディング1,200人超地方創成型と称し九州、北海道、中部などの地方で厳選したファンドを取り扱っています。
プレリートファンド950人超REITへの売却を目標とする不動産投資ファンドを提供するサービス。
ポケットファンディング600人超沖縄発クラウドファンディングとして各種不動産担保付ファンドなどを提供するサービス。
SBIソーシャルレンディング非公表ネット証券最大手SBIグループの運営するサービス。利回り高めのオーダメード型ファンドが大人気です。
トラストレンディング非公表不動産や債券担保付ファンドを扱うサービス。年賀状や誕生日プレゼントが貰えることも。
スマートレンド非公表香港消費者金融や国内の保証会社付あんしんファンドを扱うサービスです。
LENDEX非公表取り扱うファンドの担保不動産に東急リバブルの査定結果を利用したサービス。高利回り。
SAMURAI非公表証券会社が運営するスリランカ預金やサプリ、トランクルームなどのファンドを扱うサービス。
クラウドバンク非公表証券会社が運営する再生可能エネルギーや企業買収ファンドなどを扱うサービス。
TATERU FUNDING非公表東証1部上場企業TATERUグループの運営するサービス。不動産価値が30%以上下落しない限り元本を保護。
みんなのクレジット非公表証券取引等監視委員会から行政処分などを受け、現在貸付先と係争中、投資受付休止中のサービス。
  • この表のユーザー数はそれぞれのサイト上で公表されている数字を定期的に取得した物を使用していますが、次の例外があります。
  • OwnersBookクラウドクレジットラッキーバンクLC Lendingポケットファンディングについてはプレスリリースやブログで言及された固定の数値を使用しています。
  • TATERU FUNDINGはWeb上でユーザー数を公表していますが自動取得プログラムで解析し辛い箇所(JavaScript中)に記載されているため非公表(記事執筆時点で2万人超)としています。
  • 老舗サービスのSBIソーシャルレンディングクラウドバンクは表では非公表ですが過去の実績やファンドへの投資の集まり方を見ると相当数のユーザーが存在しているようです。
  • クラウドバンクは不明確ではありますが2017年半ばに1万人前後という話もあったようです。

アクティブユーザー数についても考える

表ではそれぞれの登録済ユーザー数をご紹介していますが、サービスに登録した投資家が必ずそのサービスで投資を行ってくれるとは限りません。

例えば入会キャンペーンで多数のユーザーを獲得しても後に魅力的なファンドが続かなければ、実際に投資継続するユーザー数は徐々に減っていくことが推測できます。

このため実際に投資を行っているアクティブユーザー数で比較を行うのが正しい姿だとは思いますが、この数字はあまり公表されていないため内部のスタッフでなければ伺いする機会は多くはありません。

ただ、2016年04月26日の記事「Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場」(出展:ITmediaエグゼクティブ)にmaneoの瀧本憲治社長がこれに言及した箇所がありました。

maneoでは、現在までに約420億円の貸出実績があり、ユーザー登録件数は約3万2000人、アクティブユーザーは約3500人に上る。

つまりこの時のアクティブユーザー率は約11%程度であったことになります。

この数字が現在にも、あるいは他のサービスにも適用できる物とは限りませんが、この時点でも日本で最もユーザー数の多かったmaneoでの数字のため、ある程度参考になるものかと思います。

このため、もしご利用しようとしているサービスがこのアクティブユーザー率を下回ってきていることが感じ取れるような場合は、少し警戒が必要かもしれません。

とは言えその「感じ取る」が中々難しいのが悩ましい点ではありますが。

 

サービス比較カテゴリの最新記事