【限定】バンカーズ最大3重取りキャンペーン!

COZUCHI六本木案件の利回りは36%前後に!

こんにちは!管理人まさおです!

まさお
まさお

先程、COZUCHIから「六本木事業用地プロジェクト 早期運用終了見込み」の連絡がありました。

※「六本木事業用地プロジェクト」のファンド募集時の記事はこちら。

COZUCHI「六本木 事業用地」ファンドに過去最大の投資せり!
こんにちは!管理人まさおです。 まさお COZUCHI「六本木 事業用地」ファンドに僕も過去最大金額での投資申込を行いました! と言っても50万円ですが・・・。 何となく申し訳ありませ...

そして今回、COZUCHIから頂いた連絡の内容の一部もご紹介しておきます。

配当につきましては、いずれも年利換算でインカム配当2.5%(当初想定通り)及びキャピタル配当約33~34%(当初想定17.5%)の合計約35.5~36.5%となる予定です。

※売却時の費用精算により若干前後する場合がございます。

まさお
まさお

COZUCHIでは物件売却益の一部が投資家に分配されるため、凄まじい利回りが期待出来ます。

ただ勘違いに気を付けておきたい点が2つ。

  1. 利回りは年利換算のものです。
  2. 分配までに間が空きます。

COZUCHI

年利換算利回りについて

例えば今回のファンドは運用期間1ヶ月程度で完了となりました。

このため年利36%でも実際に受け取れる金額はその12分の1、例えば10万円投資の場合は3,000円程度となる見込みです。

まさお
まさお

3万6,000円貰えるんだ!と期待したいところなんですけどね。

COZUCHI

分配まで間が空きます。

また今回のファンドの分配予定日は2021年12月15日頃になるとのことです。

このためファンドの募集終了日から考えると運用期間は1ヶ月ですが、元本の資金拘束期間は3ヶ月程度となります。

まさお
まさお

追加計算すると資金拘束期間に対する実質的な年利は9%程度になります。

資金拘束期間は出来る限り短いと良い方が投資家には有難いんですけどね。

ただ定期預金などと違ってプロジェクト毎に清算などの処理が付きまとうため、時間が掛かるのでしょうね。

COZUCHI以外のサービスでも大なり小なり付きまとう問題のため、この点については割り切りが必要ですね。

まさお
まさお

とはいえ資金拘束期間を考慮した上での年利9%は他サービスでは中々お目に掛かれませんけどね。

COZUCHI
COZUCHI

COZUCHI(旧WARASHIBE)はマンションや商業ビルなどの募集を中心とした不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

  • 2019年7月開始
  • 東京、神奈川の不動産中心
  • 優先/劣後出資方式
  • 売却益の投資家分配有り
  • 最高年利実績283.5%
  • 1万円からの投資
タイトルとURLをコピーしました