【2024年2月】COZUCHI史上最大のキャンペーン実施中!

新春キャンペーンで想定利回りが2.5⇒3.5%にアップ!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
不動産型CFのB-Den(びでん・美田)で1月17日(水)18時30分から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 B-Denのメリット・デメリット

今回募集される「B-Den第22号【東京・九段南1棟店舗ビル】」の主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:3,000万円
  • 想定利回り:3.50%(年率)
  • 運用期間:約9ヵ月
  • 劣後割合:ログイン後情報
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
東証スタンダード市場上場のビーロットが運営するB-Denから、2024年一発目のファンド募集予告ですね!

また本ファンドの公開当初の想定年利回りは2.5%でしたが、ご欄の通り新春キャンペーンとして3.5%にアップしました。

ちなみに最近のB-Denの想定利回りは2.0~3.0%が中心となっているため、普段より高めの利回りということで人気化しそうですね。

B-Den(ビデン)

今回のファンドの注意ポイントについて

ただしB-Denのファンドは今回も含め、前回から借入併用型ファンドになっています。

B-Den最新ファンドの気になる点とキャンペーンについて
こんにちは!管理人まさおです。 まさお 不動産型CFのB-Den(ビデン)で12月13日(水)12時から新ファンドが募集開始の予定です! 参考 B-Denのメリット・デメリット 今回募集される「B-Den第21号【IMANO OSAKA・宿...

この時の記事でご紹介していますが、同タイプのファンドは借入の無いタイプのファンドよりもリスクが高めとなっています。

また同記事では「投資家への利回りも普段よりアップして頂きたい」と僕の期待も合わせてご紹介させて頂いていました。

このため今回の新春キャンペーンでの利回りアップには、僕の記事の影響もあったのかなと少しだけ成果?もアピールしておきたいと思います笑

B-Den(ビデン)

今回の投資対象不動産について

さて、今回のファンドの投資対象は東京都千代田区九段南に所在する店舗ビル(正確なビル名不明)です。

竣工 1996年12月13日(築27年)
構造 鉄骨造陸屋根
階数 3階建
戸数 3室?
アクセス 東京メトロ半蔵門線など「九段下」駅徒歩5分
まさお
まさお
本物件名称はB-Denによると「九段南2丁目店舗ビル」ですが、検索で見つからないので仮称のようですね。
また住所で検索すると「九段ビル」というビルが見つかりますが竣工日や階数などを見ると別のビルのようでした。
という訳でGoogleストリートビューで確認したところ、どうやら同住所には10階建ての「九段ビル」と3階建ての今回のビルの2棟が建っているようですね。
また今回の投資対象のビルには現在(2023年9月)、1階には「海苔弁いちのや」の靖国通り本店が入居していることまでは確認できました。
なお2階、3階両方ともかは不明ですが、同ビルには「店舗ナンバーワンホールディングス株式会社」という会社も入居しているようでした。
まさお
まさお

正確な情報は登記確認などが必要ですが、出来る限りの範囲でも投資先の情報の事前調査も大切にしたいと思います。

B-Den(ビデン)
B-Den(ビデン)

東証スタンダード上場企業運営の不動産型CFサービス。利回りは低めなものの安定感からの人気を誇る。

  • 2021年3月サービス開始(2年超)
  • 東証スタンダード市場上場企業運営
  • 優先劣後出資構造 あり
  • 借入併用型ファンド あり

タイトルとURLをコピーしました