【2024年3月】メディア限定キャンペーンのご紹介!

COZUCHIのTRIAD社が連帯保証を行うファンド登場!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
貸付型CFのCOMMOSUS(コモサス)で11月22日(水)13時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 COMMOSUSのメリット・デメリット

今回募集される「Tetra Finance 事業ファンド#1」の主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:1億円
  • 想定利回り:7.00%(年率)
  • 運用期間:約11ヵ月
  • 保全方法:担保・保証あり
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
今回は「保証あり」のファンドですが何と、COZUCHIの1号事業者TRIAD社による連帯保証が行われます。

ファンドの貸付構造

またTRIAD社が今回の連帯保証を行うのはTetra社とアライアンスパートナー(業務提携、相互協力)の関係にあるためのようですね。

COMMOSUS

貸付の連帯保証の内容について

さて、貸付型CFサービスでは時々「代表者による連帯保証」、つまり会社の借り入れに対する代表者個人による連帯保証が付く場合があります。

もちろんこれは代表者の責任感、覚悟を示す程度の意味はありますが、個人では負債を負いきれず自己破産される可能性も高そうですよね。

その点、今回は法人(TRIAD社)による連帯保証が行われるため、個人レベルよりはグッと信頼感が上がりそうに感じられます。

まさお
まさお

もちろん何度も言いますが、投資に絶対はありませんけどね。

なお今回の貸付においてCOMMOSUSはTRIAD社を「事業状況や現預金残高、資産状況を鑑み、一定の保証能力を有する」と評価しているとのこと。

ただしCOMMOSUSとTRIAD社には一定の貸付、株保有関係があるため、その分は差し引いて受け止めておいた方が良さそうですね。

COMMOSUS

貸付の担保の内容について

まず前提としてTetra Finance社は2014年設立の金融事業者で、今回の貸付の前に不動産事業者に対して融資を行っています。

またその貸付の際に、東急東横線「代官山駅」から徒歩4分にある区分所有2物件を共同担保として抵当権設定しているようです。

まさお
まさお

そして今回のファンドではその抵当権に対して転抵当権を設定する、という形になっています。

ちなみにその際の、今回のファンドでの LTV は約88.8%となっています。

今回のファンドのLTV

この数字は同じ貸付型CFのOwnersBookの上限80%、AGクラウドファンディングの上限85%を上回る形になっています。

このため数字上で単純比較すれば両サービスの不動産担保ローンファンドよりも今回のファンドの方がややリスク高めと言えそうですね。

なお地価公示・地価調査サイトで確認したところ、代官山周辺の物件の地価は上昇傾向にあり、前年比104~105%程度となっているようです。

ただし駅間近のアパレル路面店などは周辺環境の変化による苦戦で撤退しているお店も増えているようですね。

代官山駅前が廃墟化と話題、衰退の理由…東横線・副都心線の直通化が仇
1980年代から「おしゃれな街」として、その名を全国に轟かせてきた東京・代官山。東急東横線で渋谷駅からひと駅という立地に高感度なショップが立ち並び、それを求めた若者たちが連日押し寄せるなど、さまざまなブームの発信地となってきた。しかし、近年...

たまたま昨日、代官山を歩いた限りではまだまだ人出も多く一部に限られる話だとは思いますが、多少念頭に置いても良さそうですね。

まさお
まさお

こういったリスクも含め、利回り7%、運用期間11ヵ月、そしてTRIAD連帯保証など総合的な判断が大切ですね。

COMMOSUS(コモサス)

COMMOSUSは2019年のサービス以来、元本割れなく年利回りも5%程度が狙える中堅の貸付型(融資型)クラウドファンディングサービスです。

  • 2019年9月11日サービス開始(4年超)
  • COZUCHIとの協業ファンドあり
  • 優待付きファンド募集あり

タイトルとURLをコピーしました