【2024年2月】COZUCHI史上最大のキャンペーン実施中!

COMMOSUS「湯島 事業用地 Ⅰ」の物件はここだ!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
貸付型CFのCOMMOSUS(コモサス)で12月11日(月)13時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 COMMOSUSのメリット・デメリット

今回募集される「湯島 事業用地 Ⅰ (TRIAD#2)」の主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:2億4,000万円
  • 想定利回り:8.00%(年率)
  • 運用期間:約6ヵ月
  • 保全方法:担保・保証あり
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
今回のファンドはCOZUCHIの1号事業者であるTRIAD社に対する貸付ファンド。

しかもCOZUCHIで現在も運用中の「湯島 事業用地 フェーズ1」の隣接物件を取得するための資金調達が目的となっています。

またそのCOZUCHIのファンドの運用終了からフェーズ2への移行に伴い本ファンドもそちらに合流する予定となっているとのこと。

両ファンドのスケジュール

ただその合流がスムースに行った場合は運用期間が6ヵ月ではなく3ヵ月程度で早期償還になる可能性が高いようですね。

まさお
まさお

このため運用期間6ヵ月、想定年利回り8%で想定するほどの利益は狙えない可能性がある点には注意が必要ですね。

COMMOSUS

本ファンドで取得予定の物件について

さて、COZUCHI側のファンドの投資対象物件は現地調査の記事でもご紹介していますが、「東京家具会館ビル」というビルです。

参考 Googleマップ(東京家具会館ビル)

また物件の隣地と言えば東西南北、あるいは斜めの位置も考えられますが、周辺物件を確認したところ恐らくここだという物件を特定出来ました。

それは物件西側の、今年10月末まで新和興行株式会社の東京支店が入居していたビルです。

参考 旧新和興行株式会社東京支店

ちなみに10月末に同社が移転した話は同社の10月30日のお知らせ欄で確認が出来ます。

まさお
まさお

恐らくTRIAD社がその話をキャッチして、元のファンドの物件のバリューアップに効果的だと動いたのでしょうね。

新和興行株式会社の移転が偶然なのか理由は不明ですが、所有物件の隣地が手に入るというのは結構ラッキーなのではないでしょうか。

COMMOSUS

新規投資家応援キャンペーン実施中!

COMMOSUSでは現在、新規投資家応援キャンペーンを実施中です。

新規投資家応援キャンペーン

条件は12月20日までの新規口座開設と27日までのファンド投資となっているため、当然ですが今回のファンドでの投資も対象となります。

またこのキャンペーンでは新規口座開設後のファンド投資額に応じて、次の金額のAmazonギフト券を受け取ることが出来ます。

投資金額 ギフト券額 利回り換算
1万円~ 500円 ~5.0%
5万円~ 1,000円 ~2.0%
10万円~ 1,500円 ~1.5%
50万円~ 5,000円 ~1.0%
100万円~ 10,000円 ~1.0%

特に今回のファンドは運用期間が早期償還になる可能性が高そうなので、年利回りに換算するとさらに大きな利回りになりそうですね。

まさお
まさお

もちろん投資に絶対はありませんが、うまくこういったキャンペーンも利用して投資を行いたいですね。

COMMOSUS(コモサス)

COMMOSUSは2019年のサービス以来、元本割れなく年利回りも5%程度が狙える中堅の貸付型(融資型)クラウドファンディングサービスです。

  • 2019年9月11日サービス開始(4年超)
  • COZUCHIとの協業ファンドあり
  • 優待付きファンド募集あり

タイトルとURLをコピーしました