【8/9募集】CREAL「ラ・ペルラ池袋」の位置は本当に好立地?土地勘が無い方は慎重に!

CREAL「ラ・ペルラ池袋」

百獣の王、武井壮さんをイメージキャラクターに起用している不動産投資型クラウドファンディングサービス「CREAL」で、2019年8月9日20時から一棟賃貸マンション「ラ・ペルラ池袋」のファンド募集が予定されています。

ご紹介している内容はあくまでも現時点の予定のものです。投資判断を行う前に必ず正確な情報を確認して下さい。

ファンドの基本的な情報

ファンド名ラ・ペルラ池袋
運用利回り4.50%(年利換算)
運用期間約1年6ヵ月
募集予定2019年8月9日20時~
Googleカレンダーに登録
担保/保証CREALで募集されるファンドは優先/劣後出資方式により当初予定より20%までの下落をCREALが劣後出資してカバーします。
募集金額2億9,600万円
必要資金1万円~
返済方法一括返済

投資スケジュール

  • 募集開始日
    2019.08.09
  • 募集終了日
    2019.08.28
  • 運用開始日
    2019.09.01
    ↑約1年6ヵ月↓
  • 運用開始日
    2021.02.28

投資スキーム

本ファンドの投資スキームは詳細に記載された図もCREALのファンド紹介ページに記載されていますが、単純化すればこのスキームを理解しておけば大きな違いは無いかと思います。

つまりこの物件にはCREALも一緒に投資を行っており、取得時の予定価格(3億6,900万円)を売却した際に損失が出た場合でも20%分まではCREALが優先的に負担することによって投資家に損失の出にくいスキームが取られています。

物件の所在地に気を付けて!

CREALの説明によれば物件の所在する池袋地域は次のような説明になります。

「SUUMO」の関東住みたい街ランキングで毎年上位にランクインする人気エリアです。また、国際アート・カルチャー都市構想により大規模再開発を推進しており、非常に注目されています。

この説明自体は間違いの無いものだとは思いますが、今回の投資物件の所在する地域は「再開発地区」のメインエリアとは池袋駅を挟んで真反対側にあり、また池袋駅から歓楽街を挟んだ裏手にある点については注意が必要です。

この影響でか池袋駅の北口と西口側(本投資物件側)はあまり治安が良く無いと言われています。

ただ本投資物件を含む歓楽街を離れた周辺地域には立教大学や鉄道高校を含め、いくつか学校が点在しているため投資物件の周囲はそこまで治安は悪く無いのかもしれません(たまたま数ヵ月前に近くを歩きましたが、特に危険は感じませんでした)。

またその証拠に、2019年7月31日現在の入居稼働率は100%となっているとのことです。

CREALでは8月28日までの間、投資リターン以外にお得な2つのキャンペーンが行われていますので、この際に口座開設、投資申込を検討してみては如何でしょうか。
新規投資申込キャンペーン
期間中、初めて投資申込をした方を対象に投資申込金額の1%(最大100万円)が貰えるキャンペーンです。
友だち招待キャンペーン
期間中、友人など1人招待につき2,000円が貰えて、さらに招待を受けた側も投資申込額の1%が貰えるキャンペーンです。
スポンサーリンク

サービス(CREAL)の特徴

CREALは1口1万円からの不動産投資を可能とする不動産投資型クラウドファンディングを提供するサービスです。

主な特徴

  • 不動産投資型クラウドファンディング
  • 優先/劣後出資方式による投資家の保護

不動産投資型クラウドファンディング

不動産投資
CREALは不動産特定共同事業法に基づいて不動産投資型クラウドファンディングサービスを提供しており、また第1号および第2号事業者(4号まである)として登録されているため資本金1億円以上が必要など、厳しい行政による審査を経ている事業者です。

優先/劣後出資方式による投資家の保護

CREALでは集めた資金を元に不動産を購入し、最終的に賃料と売却益から元本償還および利払いを行いますが、優先/劣後出資方式により売却損が発生した場合も20%の下落分まではCREALが劣後出資者として負担します。
口座開設などはこちらへCREAL

コメント