【2024年2月】COZUCHI史上最大のキャンペーン実施中!

【祝】Funds 500億円&10万人突破の軌跡と6年前からの想い出

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
先週1月12日(金)、固定利回り投資の「Funds」から累計募集額500億円&会員数10万人突破のお知らせがありました。

参考 Fundsのメリット・デメリット

最近クラファン投資を始めた方はご存じないと思いますが、Fundsは元々ソーシャルレンディング比較サイト「クラウドポート」が前身でした。

クラウドポート

僕はこの頃からお付き合いがあり、東京ミッドタウンで実施されたセミナーイベント「ソーシャルレンディングサミット」にも参加していました。

「第1回 ソーシャルレンディングサミット」に参加しました。
ソーシャルレンディング専門メディアのクラウドポートが主催の「第1回 ソーシャルレンディングサミット」に参加させて頂きました。 このイベントはサミットという名称から連想されるように「ソーシャルレンディング各社が会社の垣根をこえて集結」し、自社...
まさお
まさお

2017年の話ですからね。う~ん、懐かしい。

そして2019年1月に現行Fundsのサービスを開始、2020年1月に社名も「ファンズ株式会社」に変更して今に至る流れですね。

Fundsでは5月末までの間「5周年記念キャンペーン」として口座開設や投資でPayPayギフト券、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン実施中!詳細は解説ページを要チェック!

Funds(ファンズ)

500億円&10万人突破の軌跡

Fundsの累計募集額が500億円を突破するまでの軌跡はこちら。

累計募集額の推移

まさお
まさお

全体的に「ある時点で急に伸びた」感は無く、年々徐々に実績を積み増している感がありますね。

そして会員登録数が10万人を突破するまでの軌跡はこちら。

会員登録数の推移

まさお
まさお

Fundsに図が無かったため、僕が持っているデータからグラフを作ってみました。

ちなみに貸付型CFでは過去に人気があり、現在は新規募集もファンド募集も終了しているmaneoが最高で8.7万人台まで行っていたようです。

ユーザー数未公表のサービスを除き、恐らく今回の10万人突破でFundsは日本史上最高の会員を抱える貸付型CFになった可能性が高そうですね。

なおクラファン投資界隈で言えば、不動産型CFの利回りくんが約28万人、Rimple(リンプル)が10万人超(ここ数年は未公表)となっています。

まさお
まさお

Fundsがここまでになったのは、サービス自体の素晴らしさとその信頼性によるものですね。おめでとうございます。

Funds(ファンズ)

現在実施中の2つのキャンペーン

ちなみに現在、Fundsでは新規投資家向けと、既存投資家も利用できる2つのキャンペーンが実施されています。

1つ目はFundsでの初めての口座開設完了でAmazonギフト券500円分が貰える年末年始キャンペーン。

年末年始キャンペーン

他サービスと比べると決して大きな額ではありませんが、投資実行などは条件になっていないためひとまずチェックしてみては如何でしょうか。

そしてもう1つはFundsでの期間中の累計投資金額に応じて最大10万円分のAmazonギフト券が貰えるキャンペーン。

4人に1人当たるキャンペーン

こちらは投資金額の条件を満たした上でも4人に1人の当選ですが、最低2万円の投資から対象になりますので気軽に利用出来るのがポイントですね。

まさお
まさお

Fundsは上場企業を中心の貸付のため利回りこそ決して高くはありませんが、投資の安定感が人気のサービス。

全資産をハイリスク投資に回したい方は別ですが、安定投資をバランス良く組み込みたい方には適したサービスだと思います。

すでに会員数が10万人以上もいるため少ないとは思いますが、まだFunds口座の無い方は一度チェックされてみては如何でしょうか。

Funds(ファンズ)
Funds

Fundsは上場企業など優良企業への貸付から利益が狙える貸付型クラウドファンディングサービスです。

Fundsでは5月末までの間「5周年記念キャンペーン」として口座開設や投資でPayPayギフト券、Amazonギフト券などが貰えるキャンペーン実施中!詳細は解説ページを要チェック!

タイトルとURLをコピーしました