【2024年3月】メディア限定キャンペーンのご紹介!

ドバイ不動産に投資出来る⁉新不動産型CFサービス登場!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
海外不動産CFと言えばTECROWDが有名ですが今回、なんとドバイ不動産に投資出来るサービスの登場です。

その新サービスの名前は「CAMEL」。

ちなみにドバイと言えば超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」が有名ですが、砂漠やラクダを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

このため恐らく最初にドバイ不動産案件の予定があり、そこから想定してラクダ=CAMELをサービス名に冠することにしたんでしょうね。

CAMEL(キャメル)

現在募集中の3号ファンドについて

さて、CAMELでは現在1~3号が同時募集中ですが、1号2号は日本国内案件のため、3号ファンドについて軽く見ておきたいと思います。

  • 募集金額:7,400万円
  • 想定利回り:6.0%(年率)
  • 運用期間:約1年6ヵ月
  • 劣後割合:20%
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
投資先はドバイ中心部に所在する高級レジデンスホテル「ママシェルター」の区分。

また同ホテルは「子育て中の親と子どものためのホテル」とのことなので、その辺から「ママシェルター」と名付けられたのでしょうか。

僕がそう考え紐づけた、という意味ではありません。

ちなみに海外不動産CFのTECROWDはモンゴルとカザフスタン、あとはDARWIN fundingが投資家向けにエジプト小口不動産を売ってます。

それ以外では思い出せませんでしたが、ドバイの不動産に投資を出来る不動産型CFサービスは恐らく国内初では無いかと思います。

このため、日本国内の不動産以外で分散投資を考えている方は少し検討してみても面白いかもしれませんね。

CAMEL(キャメル)

サービス運営会社について

CAMELの運営会社は株式会社グローバルクラウドエステートです。

株式会社グローバルクラウドエステート

つい最近まで東都フィナンシャルサービス株式会社と言う名前でクレジット関連やファクタリング業務など金融業務が主業だったようです。

ただし新会社名のサイトではほぼCAMELのことしか紹介されていないので、今回を機に思い切って業務転換を図ったのかもしれませんね。

なお代表取締役は河野勇樹氏と言う方ですが同姓同名の方が多いため、その経歴などを調べることは出来ませんでした。

CAMEL(キャメル)

余談:あのサービスと同じシステムを利用?

そう言えばCAMELのトップページを始めてみて既視感、いわゆるデジャヴを感じましたが暫く考えてみてその理由が分かりました。

それはサービス画面の構成がこのサービスとそっくりなんですよね。

セカンドライフ

こちらのサービスはサイトを立ち上げたまま一度もファンド募集が行われていないセカンドライフというサービス。

親会社が上場企業の燦キャピタルマネージメント株式会社で少し期待していましたが、サービス開始から2年経っても全く動く気配がありません。

まさお
まさお

ただ確かサービス開始当初にアマギフを貰ったような覚えだけはあるんですけどね笑

出来たらまたこちらも再始動してくれると嬉しいですね。

CAMEL(キャメル)

タイトルとURLをコピーしました