【2024年6月】各サービスで実施中のキャンペーン

まさかの会社からの新不動産投資型クラウドファンディングサービス登場!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
まさかの会社から新たな不動産投資型クラウドファンディングサービスが登場しました!

サービス名は「LSEED(エルシード)」。

そして運営会社は「株式会社ランドネット」、東証スタンダード市場上場(証券コード:2991)の不動産会社です。

上場企業が運営なのは嬉しいけど、何が「まさか」なの?

まさお
まさお

実はランドネット社は、2019年4月からLANDNET Fundingという不動産型CFサービスを運営していたんですね。

そして現在、LANDNET Fundingのサイトに行くとLSEEDのサイトに飛ばされるようになっています。

つまりどうやらランドネット社は既存サービスを一度廃止した上で、LSEEDとしてリブランディングして新たに不動産型CFを開始するようです。

ちょっと勿体ないような気もしますが、旧サービスで最後に募集された3号ファンドも運用終了したのが2022年1月31日ですからね。

新たにサービス開始の体とした方が都合が良いと判断されたのかもしれませんね。

まさお
まさお

なおLANDNET Fundingの既存会員の方もLSEEDを利用する場合は再登録が必要とのことです。

LSEED(エルシード)

募集予告中の1号ファンドについて

さて、現在募集予告中の「LSEED#1」の主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:4,868万円
  • 想定利回り:3.0%(年率)
  • 運用期間:約3年
  • 劣後割合:ログイン後情報
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
う~ん、想定利回りはやや低めな上、運用期間がちょっと長めですね。

上場企業運営な点は大きなメリットですが、完売までにやや時間が必要になるかもしれません。

ただ本ファンドは東京都と埼玉県、神奈川県の3物件に1ファンドで投資出来るバルク型ファンドとなっています。

この点も分散投資の観点から考えればメリット面かもしれませんね。

LSEED(エルシード)

サービス運営会社について

さて、LSEED運営会社の株式会社ランドネットについて簡単にご紹介しておきます。

株式会社ランドネット

設立は1999年9月29日、東京都豊島区南池袋に本社を置く不動産会社で、株式上場を果たしたのは約2年半前の2021年7月21日。

またAIやビッグデータなどを用いて投資不動産の仲介を中心に売買、賃貸管理、リフォームなど行う不動産テック企業のようです。

まさお
まさお

もしかするとLSEEDの物件もそう言ったテックを用いて選定されているのかもしれませんね。

LSEED(エルシード)

運営会社の代表について

株式会社ランドネットの代表取締役社長は榮 章博(あがさき あきひろ)氏です。

1984年に中央大学法学部を卒業後、1987年に大手不動産流通会社に入社して経営企画部門を経て、営業部門へ配属。

その後、当時あまりIT化が進んでいなかった業界に先駆けて業務効率化のシステムを独学で開発し、1999年にランドネットを創業されたそうです。

まさお
まさお

自ら考えて動けるクレバーな経営者さんのような感じみたいですね。

という訳で今回の新サービスも今後どうなるか、注目していきたいと思います。

LSEED(エルシード)

タイトルとURLをコピーしました