【2024年2月】COZUCHI史上最大のキャンペーン実施中!

少ない情報から物件探索を試みてみましたよ、の巻

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
貸付型CFのCOMMOSUS(コモサス)で2月8日(木)13時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 COMMOSUS(コモサス)のメリット・デメリット

今回募集される「東中野 事業用地 (TRIAD#3)」の主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:4億7,000万円
  • 想定利回り:8.00%(年率)
  • 運用期間:約1年2ヵ月
  • 保全方法:担保・保証あり
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
今回の貸付先はCOZUCHIの第一号事業者であるTRIAD。そしてその名を冠した3回目の貸付ファンドとなっています。

またTRIAD#1は3億円の貸付で完済済、TRIAD#2は2.4億円の貸付で2024年6月28日までの貸付予定となっています。

このため本ファンドの投資を検討される際はそういった点も踏まえて検討されてみては如何でしょうか。

COMMOSUS

今回の貸付の担保物件について

今回のファンドでの貸付に際して、JR/都営大江戸線東中野駅から徒歩4分に位置する土地及び建物が担保に設定されるとのことです。

今回の担保物件の場所

まさお
まさお

場所からすると「東京都中野区東中野1丁目」辺りになりそうですね。

ただし建物は旧耐震基準に基づいて建てられているためか担保評価額には含まず、更地価格を元に担保価格を評価しているようです。

今回の貸付におけるLTV

その結果、担保評価額は更地価格を前提に約5億4,700万円、LTV としては約85.9%が見込まれているようですね。

まさお
まさお

やや高めのLTVですがTRIAD社の信頼度的な部分も合わせて検討するのがよさそうですね。

COMMOSUS

担保物件を探してみる

さて少ない情報からその対象を見つけるのが大好きな僕ですが、今回も多分に漏れず担保物件の探索を行ってみました。

また探索の基本ルールは「公式サイトからキー情報を抽出する」「ただしログイン前情報に限り、ログイン後情報はみない」です。

そうやって抽出した今回のキーはこちらの3つ。

  1. 旧耐震基準の物件
  2. 定期建物賃貸借契約
  3. 東中野駅から徒歩4分

また一部情報を読み替え、「旧耐震基準」は1981年までの基準のため築42年以上、定期建物賃貸借契約は「定期借家物件」として調査。

まさお
まさお

ちょっと厳しいかなと思いつつネット上で検索を行ったところ、結構良い感じの物件が見つかりました。

そして見つかったその物件とは、1975年築、東中野駅から徒歩3~4分の場所にある「マンション華山」という建物。

参考 マンション華山 3階(LIFULL HOME’S)

またファンド運用終了が2025年4月までなのに対して物件の注釈には「この物件の契約期間は、2025年3月までです」とあります。

お、これはかなり正解臭いんじゃない?

はい、そう思うのですが1個だけ問題があって、公式サイトの物件の場所を示す円からやや北側にはみ出ている感じがするんですよね。

参考 物件の位置(Googleマップ)

という訳で、もしかすると外れているかもしれませんが、物件のイメージとしては似通っていると思いますのでご参考になればと思います。

COMMOSUS(コモサス)

COMMOSUSは2019年のサービス以来、元本割れなく年利回りも5%程度が狙える中堅の貸付型(融資型)クラウドファンディングサービスです。

  • 2019年9月11日サービス開始(4年超)
  • COZUCHIとの協業ファンドあり
  • 優待付きファンド募集あり

タイトルとURLをコピーしました