待ち望んだJointo α(ジョイントアルファ)リニューアル後の第一弾ファンドは隙が無さ過ぎ!

不動産投資型クラウドファンディングの「Jointo α」で8月3日(月)12時から、サイトリニューアル後初となる新ファンド「アルファアセットファンド長崎SC」の募集が予定されています。

はじめにご存じ無い方に簡単に「Jointo α」について簡単にご紹介しますね。

  • 東証1部上場のあなぶき興産(8928)が運営
  • クラウドファンディングで10万円からの不動産投資が可能
  • 優先/劣後出資方式により不動産価格の30%下落までは元本に影響無し
  • 利回りは3~5%前後と高め

こういった理由から人気となり、ファンド募集が開始されるたびにアクセスが殺到してサイトが重くなっており、今回のリニューアルにより改善を図ったんでしょうね。

↓ちなみに今回のファンド募集は1ヶ月先のため、口座未開設の方はこちらもご利用下さい。

Jointo α
Jointoα(ジョイントアルファ)

東証一部上場の穴吹興産が運営するサービス。利回りは控えめだがその信頼性から絶大な人気状態となっている。

  • 東証一部上場企業運営
  • 利回り目安3~5%
  • 劣後出資割合30%
  • 出金手数料無料

またサイトリニューアルによってサービス面で大きな変更点もありますので、今回の記事では「アルファアセットファンド長崎SC」の特徴と、Jointo アルファの変更点についてご紹介したいと思います。

ファンドの基本的な情報

ファンド名アルファアセットファンド長崎SC
予定分配率3.80%(年利換算)
運用期間約1年
保全方法優先/劣後出資方式(Jointo αが30%をカバー)
募集金額2億7,440万円
必要資金10万円~
返済方法一括返済
申込方式先着式

投資スケジュール

  • 募集開始日
    2020年08月03日 12時
  • 募集終了日
    2020年08月21日
  • 運用開始日
    2020年09月01日
    ↑約1年↓
  • 運用終了日
    2021年08月31日

投資対象の不動産物件について

本ファンドの投資対象は長崎市に所在するスーパーマーケット「ジョイフルサン住吉」です。

スーパー「ジョイフルサン住吉」の主な特徴
所在地長崎県長崎市中園町42番1(Google MAP
構造鉄筋・鉄骨コンクリート造
階数地下一階付2階建
床面積1628.41㎡(登記記録面積)
築年数2019年6月

出資の構造について

Jointo αの優先/劣後出資の割合はあらかじめ決まってますが、具体的にそれぞれの金額を入れると次のような出資構造になります。

物件価格
3億9,200万円
劣後出資
1億1,760万円
(30.0%)
優先出資
2億7,440万円
(70.0%)

この構造のお陰で、本物件の価格が運用期間内の約1年の間に2億7,4400万円を下回らなければ投資家は基本的に元本を全額返済されることになります。

ヒント君
ヒント君

Jointo αの運営会社あなぶき興産が倒産した場合などは元本返済を受けられない可能性があります。

周辺地価の状況は5年連続上昇中

地価公示・地価調査 (2020年) – 全国地価マップで長崎市中園町の地価を調査したところ1か所の地価公示情報が見つかり、2016年から5年連続大幅に地価が上昇していることが確認できました。

周辺地価の状況

分配の原資と貸付先の安全性について

本ファンドの出資金額を元にあなぶき興産は「ジョイフルサン住吉」を取得し、普通建物賃貸借契約によって借主から得られる賃料を元に分配を行いますが、今回の借主はあなぶき興産の100%子会社「株式会社ジョイフルサンアルファ」です。

ヒント君
ヒント君

資本関係があることで、賃料の支払いが滞る可能性は資本関係が無い場合に比べて格段に低くなりそうですね。

スーパーの横には高層マンションが併設

またスーパー「ジョイフルサン住吉」の横には、あなぶき興産の「地域社会に生かされ生きる」のビジョンのもと総戸数117戸の高層マンションが併設されており、安定した収入も期待できそうです。

ジョイフルサン住吉と高層マンション

サービスの大きな変更点について

今回のリニューアルによりサービスとして大きく変わった点は、キャンセル待ち申込の受付が廃止されたことです。

リニューアル前は募集金額を上回る出資申込が集まった場合もある程度まではそのままキャンセル待ち申込が出来ていたため、利便性が若干下がりそうですね。

その代わりに今後は、キャンセルが発生した場合は改めてキャンセル分の申込が出来るようになるようなので、どうしても申込したいファンドの場合は完売後数日、サービスをチェックすることになりそうです。

今回の投資ポイントとまとめ

今回の投資ポイントをまとめると次の3点になります。

  • 投資対象の物件は非常に良さそうな条件を備えている
  • 貸付先もあなぶき興産の100%子会社のため安定収入が期待できる
  • (毎度ですが)優先/劣後出資により不動産価格の30%下落までは安全
ヒント君
ヒント君

この条件で予定分配率が3.80%だし、また確実にアクセスが殺到する超人気ファンド確定ですね!

なお今回の記事でJointo αでの投資に新たにご興味を持たれた方は冒頭でもご紹介していますが、もし宜しければこちらから口座開設をご検討頂ければと思います。

Jointo α
Jointoα(ジョイントアルファ)

東証一部上場の穴吹興産が運営するサービス。利回りは控えめだがその信頼性から絶大な人気状態となっている。

  • 東証一部上場企業運営
  • 利回り目安3~5%
  • 劣後出資割合30%
  • 出金手数料無料

またJointo α以外でも東証1部上場会社の投資に興味がある方はRimpleやCRE Fundingのチェックもお勧めします!

Rimple(リンプル)のメリットは?デメリットや評価も合わせて解説(2020年7月更新)
東証1部上場企業が運営する不動産投資型クラウドファンディング「Rimple(リンプル)」。投資対象の不動産価値が下落しても30%カバーされる仕組みとは?メリットだけでなくデメリットも、管理人の運用実績も詳細解説中。
CRE Funding powered by FUELの特徴と評価(東証一部の物流不動産会社)
東証1部上場で物流不動産を得意とする株式会社シーアールイー(3458)の事業に貸付投資が可能な「CRE Funding powerd by FUEL」が人気の理由や投資利回りの目安、運用実績、業績情報の調査結果などを公開中!
タイトルとURLをコピーしました