ロードスターキャピタルが新子会社を設立!ついにOwnersBookは新たなステージへ?

不動産特化型ソーシャルレンディングサービス「OwnersBook」を運営するロードスターキャピタル社(東証マザーズ上場)から、子会社「ロードスターインベストメンツ株式会社」の設立の発表がありました。

スポンサーリンク

ロードスターインベストメンツ株式会社の概要

会社名ロードスターインベストメンツ株式会社
(Loadstar Investments K.K.)
所在地東京都中央区銀座1丁目10番6号
※ロードスターキャピタルと同じですね。
代表者代表取締役社長 貝塚浩康
(ロードスターキャピタル株式会社 取締役)
事業内容クラウドファンディング事業、アセットマネジメント事業
資本金5百万円
設立年月日2019年8月30日(予定)
出資比率ロードスターキャピタル 100%
決算期12月
まさお
まさお

貝塚さん!以前、OwnersBookの投資家懇親会で名刺を頂戴していました。何だかちょっと嬉しいです。

クラウドファンディング事業について

ロードスターのクラウドファンディング事業と言えばやはりOwnersBookのことでしょう。

恐らくクラウドファンディング事業のOwnersBookをロードスターキャピタル本体から別会社として切り離すことで、相互に足元を軽くして成長スピードを上げようという目論見ではないでしょうか。

そう考えると、OwnersBookには次の2つのことを期待したいですね!

エクイティ型ファンドの再開

エクイティ型ファンドとは、通常のソーシャルレンディングでの貸付(シニアローン・メザニンローンの部分)とは異なり、対象不動産に出資する形のファンドで、少しハイリスクハイリターン型の投資となります。

OwnersBookでは昨年8月に募集が行われて人気を集めましたが、エクイティ型ファンドの募集が行われたのは結局この1回のみ。多くの投資家が再開を待ち望んでいる状況です。

まさお
まさお

ちなみにロードスターキャピタルの岩野社長自身もこのファンドに投資を行っています。

海外不動産ファンドの開始

ロードスターキャピタルは今年の6月27日に、米国不動産クラウドファンディングの先駆的企業のFundrise社(本社:アメリカ合衆国 ワシントンD.C)との業務提携を発表しました。

また、この業務提携によって「OwnersBook投資家の皆様に世界の優良不動産への少額投資の機会をご提供することを目指す」と宣言していますので、こちらも早期の開始が期待されています。

アセットマネジメント事業について

こちらも今年の7月1日にロードスターキャピタルより発表がありましたが、その内容は機関投資家が出資するSPCが所有する不動産の管理代行業務のため、一般の投資家には関係無い事業のようです。

まとめ

OwnersBookは私自身、最も投資取引を行っているサービスです。

このため今回の子会社化によってOwnersBookのサービスが成長し、より安定して投資が出来るようになるのでは!と歓迎しています。

また、16日(金)10時まで募集されていた「中野区新築マンション第3号ファンド第1回」ファンドから抽選方式による申込も開始しました。

今までの先着順方式の申込だけの場合に比べて、全ての投資家が平等に投資するチャンスがやって来ましたので、今後はより多くの方が満足できるサービスになって行くことでしょう。

抽選申込開始でより投資しやすく!OwnersBook
スポンサーリンク

サービス(OwnersBook)の特徴

OwnersBook OwnersBookは2014年9月のサービス開始から安定した配当を継続しており、私自身も常に500万円以上を投資しているソーシャルレンディングサービスです。
  • 上場企業による運営
  • 不動産のプロが案件を厳選
  • しっかりとした不動産担保

上場企業による運営

ソーシャルレンディング投資では運営会社の安定性が非常に重要となります。 その点、OwnersBookの運営会社は東証マザーズ市場に上場しているため、常に市場から評価される立場にあり未上場の会社に比べると安心感が持てます。

不動産のプロが案件を厳選

不動産投資
OwnersBookの運営会社はもともと不動産投資事業が本業のため、多くのメンバーが20年以上の不動産事業の経験を保有しており、OwnersBookではその経験豊かなプロ達が厳選した案件の募集が行われています。

しっかりとした不動産担保

OwnersBookでは、融資先に貸付を行う際に必ず不動産担保を設定しており、また貸付金額を不動産評価額の80%以内に制限することによって投資元本棄損のリスクを軽減しています。
必ずしも不動産評価通りの価格で売却できる訳ではないため元本が棄損する可能性もあります。
抽選申込開始でより投資しやすく!OwnersBook

コメント