WARASHIBEの現在の立ち位置は?(記事)

CAMPFIRE OwnersとCOOLが双子のファンド募集!

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお

目を疑いました。CAMPFIRE OwnersとCOOLでそっくりな内容のファンド募集が行われます。

対象のファンドは次の2つ。

※1つ目がCAMPFIRE Owners、2つ目がCOOLのファンドです。

両方ともファンド名に「ROBOT HOUSE」が入っていますね。

ファンド名だけじゃない一致点

さらに、各ファンド内容を確認すると他にも多く一致点が見つかり驚かされます。

  • 貸付先は日本ファンディング㈱
  • 日本保証による保証契約付き
  • 1万円から応募可能

微妙に異なるポイントもあり

ただもちろん、それぞれ異なる点もあります(括弧内の順序は先ほどと同じ)。

  • 募集金額(4,700万円⇔5,500万円)
  • 予定利回り(4.0%⇔4.2%)
  • 運用期間(5か月⇔7か月)
  • 土地取得先(さいたま市、蕨市)

ただどれも大きな違いではなく、どちらに投資すれば良いか悩みますね。

まさお
まさお

判断難しい場合は両ファンドに半々の金額で応募するのも面白いかもしれません。

日本ファンディングとは?

さてそもそも、今回の貸付先の日本ファンディングは東証2部のJトラスト社の100%子会社です。

主に不動産事業、システム販売事業を生業とし、昨年末に旧maneoファミリーのLCレンディングを傘下に収めた会社です。

またピンと来た方もいらっしゃると思いますが、今回の両ファンドに保証を行う日本保証もJトラスト100%子会社です。

Jトラストは各種クラウドファンディングを利用したグループ内の資金調達エコシステムを構築しているのかもしれませんね。

まさお
まさお

「エコシステム」って言ってみたかっただけです笑

なお他にそのシステムに組み込まれているのは大家.comSAMURAI FUNDですね。

※SAMURAI FUNDは今後の動向がやや不透明ですが。

CAMPFIRE Ownersの動向について

CAMPFIRE Ownersは購入型クラウドファンディング最大手の「CAMPFIRE」からスピンアウトしたサービスです。

またCAMPFIREは現時点では上場企業ではありませんが、今年中の上場を目指してその準備に入っているようです。

ひきこもりから連続起業家の家入氏、CAMPFIRE年内上場目指す(Bloomberg) - Yahoo!ニュース
(ブルームバーグ): かつては学校でいじめられ、何年も引きこもり、貧しくて大学も行けず家計を支えるために新聞配達をしていた家入一真氏。それから20年以上が経ち、42歳となった現在、自身が創業した日本

このため上場を果たした暁には、CAMPFIRE Ownersの人気も合わせて高まりそうですね。

CAMPFIRE Owners

連続起業家の家入一真氏が運営する購入型クラウドファンディングのCAMPFIREから派生した「事業者に“応援を届ける”サービス」。

  • 応援や社会貢献など事業共感型のサービス
  • 利回り目安1.5~8%
  • 過去のデフォルト率0%
  • 最低1万円から投資可能
  • 基本手数料無料
タイトルとURLをコピーしました