【2024年6月】各サービスで実施中のキャンペーン

Funds「マネーフォワードMEファンド#1」の運用期間3年はこれが理由?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用する記事を含みます。

こんにちは!管理人まさおです。

まさお
まさお
貸付投資のFundsで9月28日(水)19時から新ファンドが募集開始の予定です!

参考 Fundsのメリット・デメリット

今回募集される「マネーフォワードMEファンド#1」の主な募集条件はこちら。

  • 募集金額:10億円
  • 予定利回り:1.20%(年利)
  • 運用期間:約3年
  • 保全方法:担保なし・保証なし
  • 募集方式:先着式
まさお
まさお
募集金額10億円はFunds過去最高(2番目は「Kudan Deep Techファンド #1」などの3億円)。

また運用期間3年は「サニーサイドモール小倉ファンド#1」シリーズの5年に続いて、他の数ファンドと同率2位の長さです。

マネーフォワードのファンドは興味あるけど少し長いかな…

Fundsの予定運用期間は平均で1年2か月程度のため、長いと感じる方も多そうですね。

ただ独自調査の結果、今回のファンドが3年となったのには理由があるのでは…と考察してみましたので簡単にご紹介してみたいと思います。

Fundsでは8月末までの間「サマーチャンスキャンペーン」として無料の口座開設完了で最大3,000円分のAmazonギフト券が貰えるキャンペーン実施中!詳細は公式サイトを要チェック!

Funds(ファンズ)

運用期間3年の理由

あくまでも個人的な考察ですが、運用期間が3年と長めなのは楽天証券で募集される社債の長さを意識したのではないかと考えています。

と言うのは今回は楽天証券との提携募集1号ファンド。また楽天証券ユーザー向けにFundsは債券に近い立ち位置で紹介されています。

Fundsがターゲットとする市場

ちなみに直近で楽天証券で募集された社債(楽天グループ株式会社第21回無担保社債)の条件は次のような感じでした。

  • 利回り:0.72%(年利)
  • 運用期間:3年
まさお
まさお

楽天証券で社債を購入されるユーザーさんの嗜好にある程度合わせて設定したのではと考察しました。

もちろん借手のマネーフォワード側の事情もあるはずなので、数字だけからの僕個人の勝手な考察に過ぎませんが。

Funds(ファンズ)

本ファンドのFunds優待の利回りについて

なお本ファンドに50万円以上投資した方から抽選で100名様に「マネーフォワードMEプレミアムサービスクーポン1年分」が当選します。

まさお
まさお

同サービスの年額プランは5,300円~5,500円のため、50万円に対する利回り換算で約1%分ですね。

ただし運用期間が3年あるため、年利に換算するとその3分の1程度になります。

Funds(ファンズ)

初回投資のキャンペーンについて

またFundsではAmazonギフト券または楽天ポイント3,000円分が貰えるキャンペーンを実施中です。

【どちらが好み?】アマギフ3,000円分 vs 楽天ポイント3,000円分 @Funds
こんにちは!管理人まさおです。 まさお 貸付投資のFundsでAmazonギフト券または楽天ポイントの何れか3,000円分が貰えるキャンペーン実施中です。 参考 Fundsのメリット・デメリット 期間はどちらも2022年9月20日(火)から...

何れも期間中の累計投資額が30万円以上という条件はありますが、ご興味あれば検討してみては如何でしょうか。

Funds(ファンズ)
Funds

Fundsは上場企業など優良企業への貸付から利益が狙える貸付型クラウドファンディングサービスです。

Fundsでは8月末までの間「サマーチャンスキャンペーン」として無料の口座開設完了で最大3,000円分のAmazonギフト券が貰えるキャンペーン実施中!詳細は公式サイトを要チェック!

タイトルとURLをコピーしました